【ダ・ヴィンチ2018年1月号】今月のプラチナ本は『リウーを待ちながら』(1~2巻) – ダ・ヴィンチニュース


ダ・ヴィンチニュース

【ダ・ヴィンチ2018年1月号】今月のプラチナ本は『リウーを待ちながら』(1~2巻)
ダ・ヴィンチニュース
刻々と迫るパンデミックの恐怖。国から見捨てられ閉鎖された街に取り残されたら、平静を保てるだろうか。実際にこんなことが起こったら、映画『アウトブレイク』のように、村ごと消滅させられるんじゃないか……。そんなことを思いながら読み進めた。そんななか、潤月とコウタのやりとりにほっとする。オビの「絶望するのはいい。だが、絶 ...