汚染土壌、来年度3.6倍に – 日本経済新聞


日本経済新聞

汚染土壌、来年度3.6倍に
日本経済新聞
環境省は5日、東京電力福島第1原子力発電所事故に伴う除染で出た汚染土壌について、2018年度は中間貯蔵施設に180万立方メートル程度を搬入する計画を決定した。17年度の予定量の3.6倍で、福島県内各地の仮置き場からの輸送を加速する。同日、郡山市内で開いた関係自治体などとの連絡調整会議 ...
「除染土」市道路床材に 環境省、二本松で18年春にも再利用:福島民友 ...福島民友

all 4 news articles »