発達障害の教育支援進まず 滋賀県立高、計画作成5割止まり – 京都新聞


発達障害の教育支援進まず 滋賀県立高、計画作成5割止まり
京都新聞
滋賀県教育委員会は7日、全県立高校で、発達障害を含む「特別な支援を必要とする生徒」が、計1338人(9月1日現在)いることを明らかにした。全生徒数の4・2%にあたる。発達障害の疑いがある生徒に対する個別の教育支援計画の作成率が、5割程度にとどまっていることも分かった。 県議会で中村才次郎県議(公 ...