映画『新地町の漁師たち』が描く「もう1つの福島」–寺島英弥 – ハフィントンポスト


ハフィントンポスト

映画『新地町の漁師たち』が描く「もう1つの福島」--寺島英弥
ハフィントンポスト
福島第1原発近くの海から放射性物質を多く含んだ魚が揚がったという話題に、漁師たちは岸壁で、こんな会話も交わす。「海によどみがあって、放射性物質があるそうだ」「あれを見ると、生きてるうちに魚を捕れない」「夢も希望もない」「復興応援をもらっても、何にもならない」「これから一生、50年、100年掛かるか分からない ...
原発事故と闘う漁師描く ドキュメンタリー映画「新地町の漁師たち」仙台で上映河北新報

all 4 news articles »