JADMAの「サプリ塾」 被害収集の課題浮き彫り、定期解約理由に「体調に合わない」 – 通販新聞


JADMA「サプリ塾」 被害収集課題浮き彫り、定期解約理由に「体調に合わない」
通販新聞
ただ、「情報量で圧倒的に勝る事業者が徹底して(情報)公開する態度があってもよい」とも指摘。医薬品場合、承認時治験数は数百から多くても数千。販売後は、利用者が圧倒的に増える。このため、健康被害をはじめ最新情報を収集、更新する「ドラッグインフォメーション(DI)」という自社商品管理を実施。これをもとに ...