鳥インフルエンザに潜む危険 野生動物の獣医師育成を – 日本経済新聞


日本経済新聞

インフルエンザに潜む危険 野生動物の獣医師育成を
日本経済新聞
さて秋になると、もう毎年のことですが高病原性鳥インフルエンザのことが気になります。昨シーズンはとうとう、恐れていた動物園での発生が秋田市の大森山動物園、名古屋市の東山動植物園で起きてしまいました。動物園の動物のほとんどの種が、感染症に関しては法律の外 ...

注意したい「風邪とよく間違えられる病気」 – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

注意したい「風邪とよく間違えられる病気」
BIGLOBEニュース
発疹を伴わない風邪の場合は、病期が長いインフルエンザでも1週間程度です。数週間も咳が続く場合は、ウイルス以外の原因を考えないといけません。特に多いのが以下の2つです。 ○マイコプラズマ肺炎咳は数週間から数ヶ月続くことがあります。マイコプラズマは細菌の一種 ...

and more »

塩野義、1日1回投与インフル薬 来春にも発売 – 日本経済新聞


塩野義、1日1回投与インフル薬 来春にも発売
日本経済新聞
塩野義製薬は開発中の1日1回の投与で効果があるというインフルエンザ治療薬を2018年春にも発売する。今年10月にも厚生労働省に製造販売の承認を申請する。同省が優先的に審査する「先駆け審査」の指定を受けており、最短で6カ月で承認される可能性がある。飲み忘れ ...

and more »

塩野義製薬「手代木流」で10年先も勝つ – 日本経済新聞


塩野義製薬「手代木流」で10年先も勝つ
日本経済新聞
象徴的な事例が来年春に世界で販売するインフルエンザ治療薬だ。手代木社長が研究開発本部長に就任した04年以降に掲げた「選択と集中」戦略で、当時は業界大手も注力しない感染症分野に経営資源を投入した成果だ。手代木社長の先見性により画期的な新薬が生まれる ...

今年はインフルエンザの流行が早まる恐れ | NNNニュース – 日テレNEWS24


今年はインフルエンザの流行が早まる恐れ | NNNニュース
日テレNEWS24
NNNニュースは最新のニュースを24時間お伝えする日本テレビネットワーク各局のニュース専門チャンネルです。
インフルエンザ、福井県で流行期入り - 医療介護CBnews株式会社CBnews (会員登録)

all 2 news articles »

【コラム】デトロイトのくしゃみが韓国の富平のインフルエンザに(2) – 中央日報


【コラム】デトロイトのくしゃみが韓国の富平のインフルエンザに(2)
中央日報
実際、韓国GMの生産量縮小は現在進行形だ。金属労組労働研究院のアン・ジェウォン研究委員は「韓国GMの物量変動の流れを見ると、完成車はピークだった2007年に比べ3分の1が減り、部品生産もピークの2012年に比べ半分になった」と分析した。現場は更に危機感を ...

〔ポッサムのつぶやき〕インフルエンザ大流行、豪で死者急増 – NNA.ASIA


〔ポッサムのつぶやき〕インフルエンザ大流行、豪で死者急増
NNA.ASIA
〔ポッサムのつぶやき〕インフルエンザ大流行、豪で死者急増. オーストラリアでインフルエンザ感染による死亡者数が増える様相を示しており、州によっては流行が今後約3か月間続くと見られる。21日付オーストラリアンが伝えた。 流行がピークを越えたとされるニューサウスウ…

全中、全農に大臣感謝状-鳥インフル対応で – 農業協同組合新聞


全中、全農に大臣感謝状-鳥インフル対応で
農業協同組合新聞
農林水産省は9月20日、28年度に発生した高病原性鳥インフルエンザに対して防疫措置などで協力した団体や企業に大臣感謝状の交付をすると発表した。 感謝状の交付先は57機関・企業・団体。JA全中とJA全農にも交付される。おもな支援内容は緊急時の対応協力。 平成28 ...

and more »

長引く夏風邪、別の病気を見逃す恐れも…やりがちな通院時のNG行為とは? – インフォシーク


長引く夏風邪、別の病気を見逃す恐れも…やりがちな通院時のNG行為とは?
インフォシーク
子どもたちの学校も始まり、夏休みムードはすっかり終わった。9月に入って、「本格的に通常運転だ」と気合いを入れ直した人も多いことだろう。しかし、油断していると、遅れてやってきた夏風邪でダウンすることになるかもしれない。 暦の上では秋を迎えたとはいえ、日中の暑さは ...

インフルウィルスを不活性化 沖縄の丸海きあら、月桃液用い独自開発 – 沖縄タイムス


沖縄タイムス

インフルウィルスを不活性化 沖縄の丸海きあら、月桃液用い独自開発
沖縄タイムス
化粧品製造・販売の丸海きあら(大宜味村、山川美代子代表)はこのほど、独自技術で製造している月桃濃縮発酵蒸留液に、インフルエンザウイルスを不活性化させる効果があることを確認したと発表した。同社は、飲める月桃液が入ったスプレー「きあらマウススプレー」を、10月 ...

タカで鳥インフル対策 – 東愛知新聞社


東愛知新聞社

タカで鳥インフル対策
東愛知新聞社
市街地の木をねぐらにするムクドリのフンや鳴き声が各地で問題となっており、豊橋市はムクドリの天敵のタカを使って追い払い作戦を展開。ムクドリを追い払う大きな効果を上げている。豊橋市日色野町の養鶉(ようじゅん)業・塩野谷商店の塩野谷和昭さん(43)でも、大事な ...

インフルエンザ 学校・幼稚園で昨年同期比5.7倍 – 教育新聞


教育新聞

インフルエンザ 学校・幼稚園で昨年同期比5.7倍
教育新聞
厚労省はこのほど、平成29年度第36週におけるインフルエンザの発生状況を公表した。定点あたりの報告数の総数は899で、昨年同期に比べて約3.5倍だった。保育所・幼稚園、小・中学校、高校における患者報告数は137で、昨年度比約5.7倍となり、早い流行の兆しが見える。

鳥インフル 県が防疫演習…農業大学校で – 読売新聞


鳥インフル 県が防疫演習…農業大学校で
読売新聞
インフルエンザ発生時の対応を学んでもらおうと、県は、宇都宮市上籠谷町の県農業大学校で防疫演習を実施した。 演習には、発生時に殺処分などの作業を担当する県職員ら約60人が参加。防護服に身を包み、ゴーグルやマスク、長靴を着用して、実際にケージにいる鶏を ...

【新製品】機能性と使用感を高めたマスク‐興和、ユニ・チャーム、ピップが新製品 – 薬事日報


薬事日報

【新製品】機能性と使用感を高めたマスク‐興和、ユニ・チャーム、ピップが新製品
薬事日報
これまで花粉症、かぜ・インフルエンザ対策などが主流だったマスクは、PM2.5問題がクローズアップされたこともあり、ここ数年は“高機能”な製品が相次いでいる。一方で用途やシチュエーションに応じて使い分けする人も増えており、機能性と共に使用感も重要な要素となって ...

妻の妊娠中に「夫がインフルエンザ」になったら…?【マンガ新米ママのトリセツ】#4 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

妻の妊娠中に「夫がインフルエンザ」になったら…?【マンガ新米ママのトリセツ】#4
エキサイトニュース
今回は、『出産・育児ママのトリセツ ~「子どもができて妻が別人になりました」というあなたへ』の筆者・山本ユキコが、インフルエンザをはじめ、 病気の流行り始める時期だからこそ知っておいてほしい“妊娠中に夫が病気を患った時”のお話をします。 皆さんの夫たちに、“新米ママ ...