八洲電機 Research Memo(3):“販売”から“エンジニアリング”へのシフトを進める – まぐまぐニュース!


八洲電機 Research Memo(3):“販売”から“エンジニアリング”へシフトを進める
まぐまぐニュース!
一方、エンジニア強化で課題となるが人材だ。新卒、中途を合わせて、これまでコンスタントに20人以上エンジニアを毎年採用してきたが、景気上向きを背景に今後はリクルート面で苦戦が想定される。関連団体八洲環境技術振興財団を通じた研究助成を行うこと ...

and more »

国立大学法人 金沢大学とエネルギー・環境分野に関する包括的連携研究協定を締結 – 産業技術総合研究所


国立大学法人 金沢大学とエネルギー・環境分野に関する包括的連携研究協定を締結
産業技術総合研究所
国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)エネルギー・環境領域と国立大学法人 金沢大学(以下「金沢大学」という)とは、「エネルギー・環境分野に関する包括的連携協定」(以下「連携協定」という)を平成29年7月26日に締結しました。 この連携協定は、両者連携・協力を推進することで ...

and more »

KCCSと筑波大学がAI活用した画像認識による皮膚疾患診断サポートシステム – マイナビニュース


マイナビニュース

KCCSと筑波大学がAI活用した画像認識による皮膚疾患診断サポートシステム
マイナビニュース
近年、AIや画像認識技術の進化、IT環境の整備により、画像など非構造化データAIを活用した分析が可能となっており、レントゲン写真をはじめ画像取り扱いが多い医療分野では、AIを活用した画像認識技術の実用化が期待されている。 また、厚生労働省「保健医療 ...

and more »

オプティスがSIGGRAPHで進化型プロトタイピングのテイアRT 2017をリリース – 共同通信PRワイヤー (プレスリリース)


オプティスがSIGGRAPHで進化型プロトタイピングテイアRT 2017をリリース
共同通信PRワイヤー (プレスリリース)
オプティスジャック・デラクール創業者兼最高経営責任者(CEO)は「オプティスの技術は開発各段階でわれわれをプロトタイピング環境の革新に近づけ、ゼロフィジカルプロトタイプに向かわせる。この新型テイアRTは、VRに照明と素材シミュレーションをもたらすうえ、 ...

and more »

キャンプしよう 快適な空間、手ぶらで楽しく(一緒にTRY!) – 朝日新聞


朝日新聞

キャンプしよう 快適な空間、手ぶらで楽しく(一緒にTRY!)
朝日新聞
技術の進歩でテントフレーム素材が軽くなり、強度も高まり、テントは大型化しているそうだ。 とくに人気なのが、寝る場所とリビングが一体 ... 料理をするにも、ツーバーナーコンロなど家台所と同じような環境をつくることもできる。 問題は費用だ。キャンプ道具一式すべてを ...

[つなぐ 若手農業女子の挑戦 1] 但馬牛継承に意欲 周囲の支援の輪広がる 兵庫県新温泉町 村田 瑞樹さん – 日本農業新聞


[つなぐ 若手農業女子挑戦 1] 但馬牛継承に意欲 周囲支援輪広がる 兵庫県新温泉町 村田 瑞樹さん
日本農業新聞
飼養する11頭繁殖雌牛と子牛を管理しながら、分娩兆候見極めや妊娠有無鑑定など、就農に向けた技術の習得に励む。 .... 以前から感じていた、「よそ者」を受け入れてくれる環境の良さと「遠くからでも探し求めてもらえるお茶」という思いはこの時、確信に変わった。

and more »

文化シヤッター、環境・防災をテーマに総合試験施設を開設 – MATERIAL FLOW+


MATERIAL FLOW+

文化シヤッター、環境・防災をテーマに総合試験施設を開設
MATERIAL FLOW+
同社では2008年、基礎技術の研究から商品評価・検証を行う試験・検証施設「ライフインセンター」を、同社基幹工場である小山工場隣接地に開設している。今回オープンした研究所は、既存センターをEAST棟とし、WEST棟を増築して規模と機能を拡充。名称もライフイン ...

and more »

トヨタの自動運転、20年代前半に一般道で=次世代技術の開発加速 – ニコニコニュース


トヨタ自動運転、20年代前半に一般道で=次世代技術の開発加速
ニコニコニュース
トヨタ自動車が自動運転技術や電気自動車(EV)といった次世代車技術の開発を加速させている。2020年代前半には一般道で自動運転実用化を目指すほか、EVも19年をめどに量産化する考え。次世代技術をめぐり異業種を含めた競争が激化する中、出遅れが指摘されるトヨタが巻き返しを図る。 ... 次世代車をめぐ ...

and more »

平成29年度「人工知能技術を活用したデータエントリー業務の高度化・効率化実証的研究事業」企画提案の公募について – 特許庁


平成29年度「人工知能技術を活用したデータエントリー業務高度化・効率化実証的研究事業」企画提案公募について
特許庁
こうした環境変化とそれに伴う業務量増加に適切に対応していくためには、最新の技術を取り入れ、事務高度化・効率化を図っていくことが必要である。特に、経済グローバル化・産業財産権重要性高まりによるユーザー層拡大等を鑑みれば、産業財産権を巡る環境 ...

来るべき「自動運転時代」をサヴァイヴするための4つのヒント – WIRED.jp


WIRED.jp

来るべき「自動運転時代」をサヴァイヴするため4つのヒント
WIRED.jp
買い換えない場合は修理が必要だ。ということは、整備士などクルマ修理にかかわる仕事は増える。前出報告書によれば、「この分野では機械知識に加えて技術の訓練が必要になるが、職を失ったドライヴァー受け皿になるだろう」。 .... 一度、生物たるものを「予測できない環境で情報を収集保存する媒介 ...

and more »

“技術の尻尾”を計測で捕まえるには – TechFactory


TechFactory

技術の尻尾”を計測で捕まえるには
TechFactory
このいわば“技術の尻尾”を計測/制御分野におけるグラフィカル開発環境「LabVIEW」を中心としたシステムでキャッチアップするがNational Instruments(NI)だ。NI日本法人である日本ナショナルインスツルメンツは2017年7月10日、「LabVIEW」次世代製品「LabVIEW ...

現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために ~優秀な若手システム部員をフロントに異動~ (1/2) – ITmedia エグゼクティブ


ITmedia エグゼクティブ

現場力を高め、顧客目線でシステム開発に取り組む体制とするために ~優秀な若手システム部員をフロントに異動~ (1/2)
ITmedia エグゼクティブ
激変するクレジットビジネスの環境で、ITを活用したデジタルイノベーションをいかに実現しているのか。また、CXを実践するため人材をどのように育成していこうと考えているのか。三井住友カード 専務執行役員 システムセキュリティー最高責任者 技術士(情報工学部門)森 ...

クラウドロックインとアナリティクスの関係–テラデータの戦略 – ZDNet Japan


ZDNet Japan

クラウドロックインとアナリティクス関係--テラデータ戦略
ZDNet Japan
この「Teradata Everywhere」は、同社ソリューションにオープンなポータビリティを付与するというもので、プラットフォームを問わずどのような環境でも利用可能なソリューションにする取り組みとなる。この戦略を技術的に支えているは、同社ソフトウェアが単一ソース ...

and more »

海運業界に2020年問題、環境規制対応に「決め手」見つからず – ASCII.jp


ASCII.jp

海運業界に2020年問題、環境規制対応に「決め手」見つからず
ASCII.jp
造船各社にとっては、規制強化が追い風となる側面もある。これを機に高齢船スクラップが進めば、環境技術を訴求したLNG燃料船やエコシップ新規受注が期待できるからだ。スクラバーを製品化する三菱重工業ように、関連商品を製造していれば、それもビジネスチャンス ...

and more »

トヨタ、本社工場に先端研究棟 1500人体制で燃料電池車など開発 – 日刊工業新聞


トヨタ、本社工場に先端研究棟 1500人体制で燃料電池車など開発
日刊工業新聞
トヨタ自動車は2018年春をめどに、愛知県豊田市本社工場敷地内で先端技術の研究開発などを担う新棟を稼働する。まず燃料電池(FC)関連を中心に据え、幅広く環境分野など研究開発を推進するとみられる。一部は生産も担う。今後、世界各地で燃費規制や環境規制が ...

and more »