「Oculus Rift」でのVR戦略はゆっくり着実に–幹部インタビュー – CNET Japan


CNET Japan

「Oculus Rift」でのVR戦略はゆっくり着実に--幹部インタビュー
CNET Japan
インタビューは、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出てきそうな中世ヨーロッパ風の大きな木製テーブルを挟んで行われた。2人の説明によると、視線追跡やワイヤレス化といった技術の進歩は、一般に考えられているほど、あるいはBloombergが2018年と報じた予測ほど、早くには実現しないだろうという。 幹部2人は ...

ソニー、ロボカップ2017名古屋世界大会に出展 – エキサイトニュース


ソニー、ロボカップ2017名古屋世界大会に出展
エキサイトニュース
ソニーは2016年の経営方針説明会において、エレクトロニクスの場を広げるために、映像・音響技術、センサー、メカトロニクスなどの技術を、人工知能(AI)・ロボティクス・通信などと組み合わせ、生活空間のあらゆる「ラストワンインチ」で新たな提案をしていくことを表明しました。 ... これはAIやロボティクスを始めとした今後ソ ...

and more »

シェアせずにはいられない! TED 2017で聴いてきた「意識」と「AI」についてのトーク – WIRED.jp


WIRED.jp

シェアせずにはいられない! TED 2017で聴いてきた「意識」と「AI」についてのトーク
WIRED.jp
電気飛行機は誇大宣伝されがちだが、航空宇宙企業やヴェンチャー企業が展開しているコンセプトはほとんど実現不可能と言っていい。空を飛ぶには大量のエネルギーを必要とするため、電気エネルギーで飛行するには蓄電技術の一大革新が必要となる。もしくは、飛行機専門家 ...

アクセンチュア、保険会社の経営幹部の75%はAIによって変革が進む … – IoTNEWS (プレスリリース)


IoTNEWS (プレスリリース)

アクセンチュア、保険会社の経営幹部の75%はAIによって変革が進む ...
IoTNEWS (プレスリリース)
アクセンチュア株式会社の最新レポート「Technology Vision for Insurance 2017(以下、テクノロジービジョン 2017 保険業界向け)」によると、保険会社の経営幹部は人工 ...

and more »

保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに--アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 … – 産経ニュース


保険会社の経営幹部は、AIによって変革が進むと予想。一方で、既存IT基盤との互換性への懸念も浮き彫りに--アクセンチュア調査レポート「テクノロジービジョン2017 ...
産経ニュース
本レポートでは、販売・サービス方法の強化、請求処理の高速化の促進、一人ひとりのリスクに基づく正確な査定業務を可能にするAI技術によって、顧客体験の向上にむけた新たな機会が保険代理店、営業職員、そして保険会社の従業員にもたらされると指摘しています。 調査対象となっ ... また、日本に見られ ...

and more »

アフラックと日立が,がんの早期発見・早期治療社会をめざした協創を開始 – インナビネット


アフラックと日立が,がんの早期発見・早期治療社会をめざした協創を開始
インナビネット
アフラックと(株)日立製作所(以下,日立)は,がんの早期発見・早期治療社会の構築に向けた協創を開始する。 具体的には,両社で,日立が有する尿中代謝物によるがんの識別技術*1の活用方法,およびがんの早期発見・早期治療を促進する新しい保険商品・サービスの創出 ...

and more »

Aquarius MRE プロジェクト、船主と海上試運転の準備へ – ValuePress! (プレスリリース)


ValuePress! (プレスリリース)

Aquarius MRE プロジェクト、船主と海上試運転の準備へ
ValuePress! (プレスリリース)
エコマリンパワー株式会社(EMP社)は、戦略的パートナーおよび、船主である久福汽船株式会社(尾道市)と協力して、Aquarius MRE (船舶用再生可能エネルギー)ソリューションの海上試運転の準備を開始したと発表しました。これにより、EMP社の EnergySail などの特許技術 ...

and more »

過酷実験でわかったシチズン光発電1000m防水プロマスターの実力 – 週刊アスキー


週刊アスキー

過酷実験でわかったシチズン光発電1000m防水プロマスターの実力
週刊アスキー
イベントには、1000m潜水に対応した「プロマスター エコ・ドライブ プロフェッショナルダイバー」の商品開発者と、シチズンが応援している「Shell Ocean Discovery XPRIZE」にチャレンジ中のTeam KUROSHIOのチームリーダー中谷武志氏などが登壇し、「挑戦」をトークテーマに、Team KUROSHIOの活動やプロマスターの最 ...

and more »

見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー「新しい農業のカタチ」を実施~学生の研究成果が生産現場へ~明治大学 – SankeiBiz


見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー「新しい農業のカタチ」を実施~学生の研究成果が生産現場へ~明治大学
SankeiBiz
明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室(以下、明治大学)とパイオニアエコサイエンス株式会社(本社:港区虎ノ門、代表取締役社長:竹下達夫)は8月2日(水)、明治大学 生田キャンパス(神奈川県川崎市)で“見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー”「新しい農業の ... これは、軽作 ...

and more »

「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる その実現に向けたシナリオ – WIRED.jp


WIRED.jp

「電気飛行機」の時代は2045年にやってくる その実現に向けたシナリオ
WIRED.jp
電気飛行機は誇大宣伝されがちだが、航空宇宙企業やヴェンチャー企業が展開しているコンセプトはほとんど実現不可能と言っていい。空を飛ぶには大量のエネルギーを必要とするため、電気エネルギーで飛行するには蓄電技術の一大革新が必要となる。もしくは、飛行機専門家 ...

and more »

NEDO、「IoTソフトウェア」の規模が加速度的に増大する近未来を解説 – 日経テクノロジーオンライン


NEDO、「IoTソフトウェア」の規模が加速度的に増大する近未来を解説
日経テクノロジーオンライン
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、2017年7月14日に「平成29年度NEDO『TSC Foresight』セミナー 第1回」を都内で開催し、その第一部で、IoT社会を支える「組込みソフトウェア」がものづくりシステムを変えるという近未来像を解説した。 第一部の冒頭の講演「IoTソフトウェア IoT社会を支える組込み ...

見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー「新しい農業のカタチ」を実施 – エキサイトニュース


見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー「新しい農業のカタチ」を実施
エキサイトニュース
明治大学農学部農学科 野菜園芸学研究室(以下、明治大学)とパイオニアエコサイエンス株式会社(本社:港区虎ノ門、代表取締役社長:竹下達夫)は8月2日(水)、明治大学 生田キャンパス(神奈川県川崎市)にて、“見て、聞いて、触って、食べられる来場者参加型イベントセミナー”「新しい ... これは、軽作業 ...

and more »

明るい暮らし,賢い節約,そしてエコ(環型LED照明管) – ガジェット通信


ガジェット通信

明るい暮らし,賢い節約,そしてエコ(環型LED照明管)
ガジェット通信
弊社では,独創的な機構設計と独自の先端回路技術により,従来の環型蛍光管と形状・機能互換の環型LED管の開発に成功し,販売することとなりました. 弊社の環型LED管は,低損失・低発熱の独自の制御回路を採用しており,様々な方式の環型蛍光管用の安定器に,特別 ...

シェアリングエコノミー認証制度 認証取得サービス第一弾を発表 – 産経ニュース


産経ニュース

シェアリングエコノミー認証制度 認証取得サービス第一弾を発表
産経ニュース
概要シェアリングエコノミー協会では、「シェアリングエコノミー検討会議中間報告書」(平成28年11月、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室シェアリングエコノミー検討会議)で示されたシェアリングエコノミー・モデルガイドラインに沿って、日本国内におけるシェアリングエコノミー業界の標準となる自主 ... 特に、シェアリン ...

and more »

デジタルガレージ、次世代バイオスタートアップの育成事業に参入、米国でバイオインキュベーションを手がけるPureTech社と業務提携 – 産経ニュース


デジタルガレージ、次世代バイオスタートアップの育成事業に参入、米国でバイオインキュベーションを手がけるPureTech社と業務提携
産経ニュース
DGが次世代バイオ分野のスタートアップ企業の育成を始める背景には、バイオテクノロジーとIT技術が急速に融合したことが挙げられます。バイオテクノロジーの進化を加速する遺伝子解析や遺伝子合成の進展には、ムーアの法則に従い急速に ... 次世代バイオ分野のスタートアップ起業を育てるエコシステムを日 ...

and more »