日本航空機操縦士協会、航空ECO川柳コンテストの作品募集 7月末まで | FlyTeam ニュース – FlyTeam


日本航空機操縦士協会、航空ECO川柳コンテストの作品募集 7月末まで | FlyTeam ニュース
FlyTeam
日本航空機操縦士協会(JAPA)は2017年7月31日(月)まで、「第3回航空ECO川柳コンテスト」の作品を募集しています。 「未来に残す私たちのかけがえのない宝物『地球』」をテーマとした、航空に関するエコを意識した川柳を募集しています。最優秀賞にはクオカード5,000円分、 ...

ブラシ洗浄不要の「汚れない便器」、40年の壮絶な開発の「糞尿譚」…尿の飛散防止も – ニコニコニュース


ニコニコニュース

ブラシ洗浄不要の「汚れない便器」、40年の壮絶な開発の「糞尿譚」…尿の飛散防止も
ニコニコニュース
それを支えるのは、日本のモノづくり技術である。ものがトイレ ... そう語るのは、“トイレ一筋20年”のパナソニック・エコソリューションズ社ハウジングシステム事業部主幹の酒井武之氏である。1996年に松下電工に入社、以来、水回りの商品企画に携わってきた“トイレの強兵”だ。

and more »

<直言!日本と世界の未来>新産業の出現と戦略的アライアンス―M&Bの成否がカギ – エキサイトニュース


エキサイトニュース

<直言!日本と世界の未来>新産業の出現と戦略的アライアンス―M&Bの成否がカギ
エキサイトニュース
ご承知の通り、今資本市場のみならず、労働市場、技術市場、情報市場がクローバルに進展しつつあり、これまでのように何もかも自社内で調達するフルバッケージ型の経営から、ヒト・モノ・カネ・技術・情報といった経営資源を世界市場の中から最も有利なものを調達し、効率の ...

and more »

ブラシ洗浄不要の「汚れない便器」、40年の壮絶な開発の「糞尿譚」…尿の飛散防止も – Business Journal


Business Journal

ブラシ洗浄不要の「汚れない便器」、40年の壮絶な開発の「糞尿譚」…尿の飛散防止も
Business Journal
それを支えるのは、日本のモノづくり技術である。ものがトイレ ... そう語るのは、“トイレ一筋20年”のパナソニック・エコソリューションズ社ハウジングシステム事業部主幹の酒井武之氏である。1996年に松下電工に入社、以来、水回りの商品企画に携わってきた“トイレの強兵”だ。

九電工のフィスコ二期業績予想 – ZUU online


九電工<1959>のフィスコ二期業績予想
ZUU online
省エネ技術などエコ事業を配電・電気・空調に続く第4の柱に。20.3期売上4000億円目標。工事受注高は堅調。設備工事業は期首の手持工事が順調に進捗。17.3期は2桁増益。 首都圏の都市再開発の流れが追い風。18.3期は2桁営業増益見通し。増配計画。工事受注高は ...

and more »

世界初の水素燃料電池の飛行ドローンはパワフル!エコ&6時間の長時間フライトを実現 – Techable


Techable

世界初の水素燃料電池の飛行ドローンはパワフル!エコ&6時間の長時間フライトを実現
Techable
この機体に用いられる水素燃料電池には、シンガポールをベースとするHES社の技術が採用されている。水素燃料電池は、一般的なリチウムイオン電池と比べて、高いエネルギー密度を誇る。HESのCEO・Taras Wankewycz氏によると、通常の再チャージ可能バッテリーが200 ...

日産SUVに初のPHV 19年にも発売 – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

日産SUVに初のPHV 19年にも発売
BIGLOBEニュース
日産自動車は、家庭でも充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)を、2019年にも発売する方針を固めた。16年10月に傘下に収めた三菱自動車の技術を活用し、人気が高いスポーツ用多目的車(SUV)「エクストレイル」の全面改良に合わせ、日産では初となるPHVを投入 ...

and more »

東京大学 橋田 浩一氏、AI inside 株式会社 PDS事業のリサーチアドバイザーとして就任 – 時事通信


東京大学 橋田 浩一氏、AI inside 株式会社 PDS事業のリサーチアドバイザーとして就任
時事通信
したがって、PDS同士が相互連携し利用者を共有することによって パーソナルデータエコシステムとそれに基づくビジネスモデルを発展・拡大させることがPDSの目標です。AI inside PDSなどの集中PDS (単一の仲介者が多くの人々のデータの共有を司る仕組み)同士が直接データ共有するのは技術的・社会的に困難 ...

and more »

【試乗記】ダイハツ「ミラ e:S」、初代パンダを彷彿とさせる乗り味を感じた:山田弘樹 – Autoblog 日本版


Autoblog 日本版

【試乗記】ダイハツ「ミラ e:S」、初代パンダを彷彿とさせる乗り味を感じた:山田弘樹
Autoblog 日本版
そこから約6年の月日が流れ、時代はエコがデフォルトとなり、環境性能が当たり前となって、その一方でプレミアムの細分化が行われて徐々にボクたちは生活に潤いを取り戻して行った。 そしてこのたび二代目となったミラ イース、プレゼンテーションを聞く限りダイハツはこの ...

and more »

[注目トピックス 日本株]博展 Research Memo(5):デジタルマーケティング分野の強化や国際会議の開催など、同社の成長戦略は着実に進捗 – エキサイトニュース


[注目トピックス 日本株]博展 Research Memo(5):デジタルマーケティング分野の強化や国際会議の開催など、同社の成長戦略は着実に進捗
エキサイトニュース
(株)スプラシアの完全子会社化同社は、2016年6月に先端デジタル技術を駆使した付加価値の高いマーケティング支援を展開している(株)スプラシアを簡易株式交換により完全子会化した。(株)スプラシアが持つ企画 ... タケロボ(株)による「IBM Watson エコシステムプログラム」への参加サービスロボットの開 ...

and more »

成田空港、7月14日に空港関連事業者で「クリーンアップ運動」実施へ – FlyTeam


成田空港、7月14日に空港関連事業者で「クリーンアップ運動」実施へ
FlyTeam
成田国際空港(NAA)は2017年7月14日(金)、第34回クリーンアップ運動を実施、7月4日(火)まで参加者を募集しています。これはNAA、芝山町、空港関連事業者でつくるエコ・エアポート推進協議会、CS協議会の4者が共催、開催される運動で、多くの空港関連事業者が参加し ...

and more »

SquareのAndroidエンジニアであるJake Wharton氏がETEでInfoQに語った – InfoQ Japan


SquareのAndroidエンジニアであるJake Wharton氏がETEでInfoQに語った
InfoQ Japan
小さなビジネス、もしくは個人の時でさえSquareを使って始めるというのがそもそもの考えです。ビジネスが成長しより大きくなると、オンラインへ拡大し、小売に進出し、複数の店舗を持ち、従業員を雇うといったことがあり、そのすべてで私たちのエコシステム内にいてほしいのです。

HPEは拡大戦略に入った–ホイットマンCEOが語る現在、過去、未来 – ZDNet Japan


ZDNet Japan

HPEは拡大戦略に入った--ホイットマンCEOが語る現在、過去、未来
ZDNet Japan
... の方が大きいところもある。そのため(買収はせずに)投資をして、我々のソリューションに彼らの技術を入れ、顧客がすぐに利用できるようにする。例は、Dockerの ... Peter Ryan氏 チャネル戦略の要は、エコシステムにバリューを加えること。オペレーションの効率化を支援して ...