8/30 日立新型冷蔵庫 発表!

機能良し、使い勝手良し、デザイン良しの三拍子揃った日立新型冷蔵庫のご紹介!

・冷蔵庫を選ぶポイントは?
冷蔵庫を選ぶポイントとして「省エネ」、「保存力」、「収納力」という基本性能を重視する人は多いのではないでしょうか。少ない容量の冷蔵庫に、ついついたくさんの食材を詰め込んでしまい、「どこに何があるのかわからない??」なんて、よくあることだと思います。それに詰め込み過ぎは、実は省エネ面でとってもマイナス。冷気が届きにくくなり、効率が悪化してムダな電力を消費してしまうのだとか。
さらに理想を言えば、やっぱり「デザイン」も重視したいポイント。冷蔵庫は、女性にとっては毎日使う重要な生活家電。優れた基本性能とデザインが両立された冷蔵庫があったら、とっても嬉しいですね。

 

・日立、新型冷蔵庫「真空チルドFS」を発表!
そんな冷蔵庫選びにお悩みの方におすすめの製品が、日立から順次発売されます。8月27日にその発表会があり、取材してまいりました。その冷蔵庫を紹介します。

今回、発表されたのは「真空チルドFS」シリーズ(R-G6700Dなど)11機種です。左写真の「デザイン」が、「クリスタルブラウン」タイプ。このタイプの他にも「クリスタルミラー」と「クリスタルシルバー」のモデルもあります。
いずれ高級感のある色なので、インテリアとしても存在感のある外観となっています。本体表面はフラットで操作系もシンプル。お手入れも簡単にできそうで、機能美に溢れています。

・驚きの機能が満載!「保存力」「省エネ」「収納力」すべてがすごい!

今回発表の「真空チルドFS」の機能について、注目すべき点が3点あります。

・真空チルドFS
・もっと省エネ
・ゆとりの収納力 大容量No.1

 

・真空チルドの「F」「S」とは?

真空チルドFSを詳しく紹介します。「F」は、フレッシュカセット、「S」は、スリープ保存です。フレッシュカセットには、辛味成分として天然わさび約1.9kg分と同等の辛味成分が封入されています。辛味成分は、食品内の酵素反応を抑えタンパク質の劣化を抑制する効果があり、これにより庫内の食品の変色などを抑え、新鮮に保存できるとのことです。

続いて「S」のスリープ保存です。これは、LED光源でニオイやエチレンを分解して炭酸ガスを発生させるというもの。この炭酸ガスが肉魚の酵素反応と野菜の呼吸作用を抑制。これにより食品を新鮮に保存できるのだとか。今回の新製品はこのLED光源が従来の1.3倍強くなり、炭酸ガスの発生量は3倍にアップ。保存力の更なる向上が図られているのですね。

 

・省エネ技術も進化!すばやく冷却で、消費電力をカット!

 

「もっと省エネ」の凄さのヒミツは、冷蔵室上部のファンと冷却ファンとの「デュアルファン」にあります。この2つのファンの相乗効果により、より効率のよい冷却ができるとのこと。例えば、ドアを開けた時、上部に暖かい外気が入ります。庫内の温度が上昇した分、どうしても強運転が必要となってしまいます。そこでこの「デュアルファン」が効果を発揮し、ドアポケットまでしっかり冷気が届き、強運転時間を短縮します。これで消費電力を抑えることができるのです。

 

 

 

 

 

・同じ670Lでも収納力が違う!?

 今回発表された大容量タイプ(565L以上)には、カタログ値以上の収納力を実現するヒミツが隠されています。実は、内部の棚に強化ガラス棚が採用されているのです。強化ガラス棚は強度が高く、棚を薄くできるため、その分収納スペースを広げることができるのだとか。では実際に、670Lの最上部の棚面積を従来の同じ容量のモデルと比較してみましょう。従来の製品が350mlの缶を64本収納できるのに対し、新製品は73本収納することができます。同じ670Lでもこれほど収納力が変わるのですね。

 

以上が、今回日立から発表された新型冷蔵庫の特徴となります。すばらしい冷蔵庫をだと感じいただけたでしょうか。新型冷蔵庫「真空チルドFS」は、9月12日より順次発売となります。冷蔵庫を買い換えようと考えている方も一度チェックしてみてはいかがでしょう。

7/16 軽量&スリムな掃除機!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日立アプライアンス株式会社より、ヘッドの後ろからも吸い込む、
軽量&スリムな新形状ヘッド「スマートヘッド」を採用し、使いやすさがさらに向上した
サイクロン式クリーナー「2段ブースとサイクロン」CV-SY7000を7月20日より発売いたします。
吸込仕事率470Wの強力パワーを維持したまま、静かでキレイな排気も実現いたしました。
また、軽くて使いやすいヘッドとパイプ「カーボンライト」や、
細くて軽く、しなやかなホース「スマートホース」も継続採用した、
使いやすさと高性能を両立した、掃除機のシェアNo.1の日立の新製品です。

プレスリリースPDF

3/7 自分だけのバリスタキット!


3/15(金)、コーヒー職人“バリスタ”の技が楽しめる「バリスタキット」を新発売いたします。
(添付pdf参照/上記画像はエスプレッソメーカー用)

これは、デロンギのエスプレッソマシンで淹れた一杯を、オリジナルの一杯に仕上げるため、
きめ細かな温度管理や「ラテアート」を自宅で手軽に楽しむためのサポートツールです。

デロンギマシンのユーザー様に向け、エスプレッソの発展性とオリジナリティ追求のご提案と、
本場イタリアの文化普及をも目的としております。

ニュースリリースPDF

3/7 エスプレッソメーカー!

3/15(金)、エスプレッソ・カプチーノメーカー「EC221」を新発売致します(添付pdf参照)。
本格エスプレッソをより多くの方々に、もっと身近に手軽に楽しんで頂けるモデルの登場です!

プロが使う業務用のスペックを採用しながら、スイッチやホルダーの操作性、安全性など、初めての方にも優しい仕様で、
愛らしいデザイン&カラーを採用するなど、イタリアンテイストを随所に盛り込みました。
また、コーヒーパウダーとカフェポッド両方式に対応し、スチームミルクも簡単にできます。

進学、就職によるひとり暮らしや結婚といった新生活のスタートを機とした買い揃えニーズはもちろん、
「余暇のホッと一息」「おもてなし」にお勧めの一台です。
 

追伸:
本場イタリアのコーヒー職人“バリスタ”の技にも挑戦できる『バリスタキット』も同時に発売開始します。
きめ細かな温度管理や人気のラテアートなどオリジナルティの提案と、イタリア文化の普及にも貢献してまいります。

ニュースリリースPDF

3/7 全自動エスプレッソマシン!

3/15(金)、コンパクト全自動エスオプレッソマシン“マグニフィカSシリーズ”より、
日本専用モデル「マグニフィカS スペリオレ」を発売致します(添付pdf参照)。
豆挽きから抽出までボタンひとつの全自動モデルに、日本向け特別モデルの登場です!

エスプレッソコーヒー発祥の国イタリアのデロンギが、日本市場ならではの「ドリップコーヒー」のニーズに応えるために、
エスプレッソ抽出ノウハウを活かした日本向け特別機能“カフェ・ジャポーネ”を開発、搭載したモデルです。
「エスプレッソ」「ドリップ」と趣の異なる2通りのコーヒーを、本機1台、ボタン一つの簡単操作で楽しんで頂けます。

また、本場イタリアのコーヒー職人“バリスタ”の技にも挑戦できる『バリスタキット』も同時に発売開始します。
きめ細かな温度管理や人気のラテアートなどオリジナルティの提案と、イタリア文化の普及にも貢献してまいります。

ニュースリリースPDF

2/6 小型調理家電!

2/15(金)、小型調理家電のベーシックシリーズ“True(トゥルー)”より新アイテム
「ポップアップトースター」を発売致します(添付pdf参照)。
昨年発売の「ドリップコーヒーメーカー」「電気ケトル」に続き、朝の食卓に欠
かせない3ラインナップが出揃います!

デロンギでは、小型調理家電ラインナップの強化を積極的に進めており、同シ
リーズは、
この春の、進学・就職・転職・引越し・結婚・・・といった新生活をスタートさ
れる方々にも向けた
デロンギのエントリーラインとして、買い揃えニーズに応えるものです。

※Trueシリーズ個々の商品概要はこちらをご参照ください。
http://www.top-gao.co.jp/delonghi_True2-1.pdf

※以下のニュースリリースPDFをご確認下さい。

ニュースリリースPDF

1/24 掲載方針について 

【お問合わせ】

サイトや掲載に関するお問い合わせは、以下アドレスに直接メールにてご連絡ください。

ec1@fullon.co.jp

折り返し担当者より、ご連絡差し上げます。

*コンテンツ掲載のお申し込みに関して*
コンテンツの掲載は、「快適家電Lifeからのお知らせ」ページになります。
また、掲載させていただく形式はPDFとさせていただきますので、
掲載をご依頼頂く場合は、コンテンツのPDFを添付ください。

追って、掲載までの流れ等を折り返し担当者よりご連絡差し上げます。

※お問い合わせ頂く際には、御社名、ご担当者名の明記をお願い致します。
※お預かりした個人情報等については、本人の同意を得ずに第三者に提供することはございません。

デロンギオイルヒーター新モデル発売 11/13

この冬のあったかアイテムの一つとして、オイルヒーターの最新モデル「デロンギ ドラゴンデジタルスマート」のリリースを送りします。

以下のPDFをご確認下さい。

ニュースリリースPDF

 

・「対流空調で部屋中ムラなくあたたまる」
・「湿度が保たれのどにも優しい」
・「温風が出ないので、ホコリを巻き上げずのどに優しい」
・「炎が出ないので、子供~お年寄りまで家族全員で安心」

といったオイルヒーターならではのメリットと併せ、ボタン一つで消費電力量を抑えられる“ECO運転モード”を搭載し、消費電力量20%削減を実現するなど「エコノミー&エコロジー」のテーマを実現しています。

※オイルヒーター特設サイト http://oilheater.delonghi.co.jp
※製品紹介webページ www.delonghi.co.jp/products/detail/id/355

以上

週間アクセスランキング開始 5/25

家電ニュースポータル「快適家電Life」の新機能として、サイドバーに週間アクセスランキングを設置しました。

「家電突撃インタビュー」第6回リリース 5/2

家電突撃インタビュー第6回がリリースされました。
家電突撃インタビュー第6回目は、10年振りにフルモデルされたカンキョーの「コンデンス除湿機AZ」についてインタビューしてきました。快適家電Lifeレポーターの石丸がお届けします。

「家電突撃インタビュー」第5回リリース 2/17

家電突撃インタビュー第5回がリリースされました。
家電突撃インタビュー第5回目は、カンキョーの「タービュランス空気清浄機」と「コンデンス除湿器セレクト」の組み合わせでの、花粉症対策ついてお話を聞いて参りました。快適家電Lifeレポーターの石丸がお届けします。

「家電突撃インタビュー」第4回リリース 11/17

家電突撃インタビュー第4回がリリースされました。
家電突撃インタビュー第4回目は、11月にリニューアルされたカンキョーの「タービュランス空気清浄機」のサイトと、冬の快適な室内環境の作り方についてお話を聞いて参りました。快適家電Lifeレポーターの石丸がお届けします。

「家電突撃インタビュー」第3回リリース 6/29

家電突撃インタビュー第3回がリリースされました。
家電突撃インタビュー第3回目は、6月より販売が開始されたカンキョーの「コンデンス除湿機セレクト」についてお話を聞いて参りました。快適家電Lifeレポーターの石丸がお届けします。

新規カテゴリーの追加 3/28

環境関連TOPICSに「水」「空気」「土壌」カテゴリーを、
また
東日本大震災関連情報に「地震」「火山活動」「復興」→「復興・支援」カテゴリー
を設置いたしました。どうぞご活用ください。
快適家電Life 2011.3.28

東日本大震災関連情報設置 3/14

東日本大震災に関するニュースを皆様へ適切にご案内するため、
「東日本大震災」「安否情報」「救命・救援」「津波」「災害」「被害状況」
「福島原発」「被災地」「停電」「放射線」「復興」「避難生活」の12カテゴリーで特設コーナーを設置いたしました。
今後も必要なカテゴリーは随時追加して参ります。
どうぞご活用ください。 快適家電Life 2011.3.14