モルフォLicence2GoはOT-モルフォが提供するデジタル免許証プラットフォーム

シドニー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルセキュリティーと身元識別技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは、当社のオーストラリア子会社モルフォ・オーストラリアを通じ、文字通りLicence2Goという、デジタル免許証のための画期的ソリューションを開始しました。このプラットフォームにより、免許証所持者は自分のスマートフォンに身分証明書機能を持たせることができ、セキュリティーや柔軟性が高まる上、「いつでも、どこでも、行く先々で」サービスを利用できます。


中心となる免許証アプリは検証アプリで補完されており、身分の証明を必要とする警察その他の係官は免許証所持者の詳細について、その人のスマートフォンを手にすることなく確認することができます。Licence2Goはプライバシーバイデザインの原則に沿って機能し、すべての段階において、個人データの扱いはあくまでもスマートフォン所持者に任されます。機器間で非接触検証が行われ、たとえモバイル通信のエリア外であっても、個人データが送信されることはありません。特定の操作に必要な権限レベルに応じて、どの情報(氏名、住所、生年月日など)が共有されるのかを免許証所持者が選択することができます。免許証の詳細は対面またはオンラインで、目で確認でき、セキュアなやり取りが必要なローン申し込みなどの場合には、顔による検証を使用することもできます。

モルフォ・オーストラリアは、特に運輸当局と協力しつつソリューションをカスタマイズし、このアプリのブランド名も免許証発行当局のデザインに従っています。同社は既にオーストラリア運輸当局と実証実験を開始しており、さらなる実証プログラムを2017年後半にアジア太平洋地域周辺で行おうとしています。

モルフォ・オーストラリアのマネジングディレクターでOT-モルフォのティム・フェリスは、この実験について次のように語っています。「Licence2Goは物理的な世界の個人識別情報をデジタルの世界に接続することができます。当社はいくつかの司法管轄から素晴らしいフィードバックを得ており、物理的な身分証明書を家に置き忘れても問題にならなくなる時が来ることを期待しています。」

このプラットフォームにとって最も明白なアプリケーションはデジタル免許証ですが、この概念は会員証やロイヤリティーカード、企業の身分証など、そのまま政府サービスや民間分野のどこにでも応用することができます。

-----

デジタルセキュリティーと身元識別技術の世界的リーダーであるOT-モルフォは、インタラクション、支払い、接続、通勤・通学、旅行、さらには投票までを、ネットワーク接続された世界で可能になった方法でできるよう、市民と消費者の力を高めることに、意欲的に取り組んでいます。

私たちのライフスタイルは物理環境・デジタル環境・市民生活・商業の面で一体化が進んでいますが、OT-モルフォはちょうどセキュリティーとアイデンティティーの最高技術を共に活用できる立ち位置にいるため、金融サービス、電気通信、アイデンティティー、セキュリティー、IoTなどの主要業界のさまざまな国際的顧客に、カスタマイズしたソリューションを提供できます。

OT-モルフォの売上高は30億ユーロ近くに達し、1万4000人を超える従業員を抱えています。当社は2017年5月31日に、OT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。暫定的に“OT-モルフォ”と称している新会社は、今年9月に新しい社名を発表します。

詳細情報:
www.morpho.comwww.oberthur.comをご覧ください。
@Safran_Morpho@OT_TheMcompanyをツイッターでフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

OT-Morpho
Press contacts
Isabelle de BUYER, T + 33 (0)1 30 20 22 67
isabelle.de-buyer@morpho.com
または
Julien TAHMISSIAN, T + 33 (0)1 58 47 90 54
julien.tahmissian@havas.com

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーがロックウェル・オートメーションの製造分析ソリューションで高まる需要増加に対応

ミルウォーキー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 米国では地ビールがビジネスとして急成長を遂げており、経験豊富なブルワリーでさえ、ビールで喉の渇きを癒したい消費者の需要増に対応すべく、独創的な手段を模索しています。1988年に創業した、クリーブランドを拠点とする独立系醸造所のグレート・レークス・ブリューイング・カンパニー(GLBC)は、製品品質を犠牲にすることなく、生産規模を拡大できる新しい製造分析技術を最近活用し始めました。



GLBCはロックウェル・オートメーションの機器向けファクトリートーク(FactoryTalk )分析アプライアンスを導入し、モバイルインターネット(IoT)と分析機能が持つ力を生産現場にもたらしています。この技術により、GLBC はビール醸造機械の健全性をより正確に把握して効率を高め、品質を改善し、ダウンタイムを最小限に抑えられます。

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーの電気・制御担当管理者のジョン・ブライストーン氏は、次のように述べています。「グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーは創業初日より、美味しいビールの生産に全力で取り組んできたため、使用する原材料や生産工程からそれ以外まで、品質を追求してたゆまぬ努力を続けています。生産現場に高度な分析機能とハードウエア診断を追加することで、当社の生産機器についてより有益な情報を得られるようになり、品質への取り組みを継続できます。」

本ソリューションは、ブルワリーの生産現場にある機器の健全性と診断に関する分析情報を提供します。ロックウェル・オートメーションのアプライアンスの中には“シェルビー”という名のボットが搭載され、生産スタッフと自然言語処理を通じてやり取りできます。この技術はマイクロソフト・ボット・フレームワークを基盤とし、マイクロソフト・コグニティブ・サービスを使ってトレーニングされており、ブルワリーのスタッフが機器に関する課題をリアルタイムで容易に特定して、対応できるように支援します。

ブライストーン氏は、次のように語っています。「シェルビーは、当社の生産現場をより接続された環境へと移行する上で、大きな役割を果たしました。私たちはシェルビーのおかげで、既存の豊富なデータを活用して、問題を素早く解決できます。」

GLBCが導入した本ソリューションは、ロックウェル・オートメーションとマイクロソフトによる共同技術コラボレーションの一部を成すもので、企業がデジタル変革を最大限に活用できるように支援することを目指しています。

ロックウェル・オートメーションのアーキテクチャー/ソフトウェア部門担当シニアバイスプレジデントのFrank Kulaszewiczは、次のように述べています。「グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーのソリューションは、デジタル変革のより大きな流れの一環となるもので、米国における業界の継続的な成長を支えています。この技術は、設計者に実用的なデータや知見を提供して、彼らがすでに行っている素晴らしい取り組みを強化し、より優れた製品を開発できるようにします。」

マイクロソフト・コープのアジュールIoT担当ディレクターのサム・ジョージ氏は、次のように語っています。「ロックウェル・オートメーションと協力することで、製造会社はデータと詳細な分析情報によって効率と生産性を改善し、自社の業務を変革できるようになりました。私たちの長期的な連携によって、産業・製造分野のお客さまに差別化されたソリューションを提供できるのは、喜ばしい限りです。」

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーが拡張可能な分析機能を使って、業務にメリットをもたらしている詳しい方法については、ロックウェル・オートメーションとマイクロソフトによるこちらの動画をご覧ください:https://www.youtube.com/watch?v=qaLpnJTCXyE

グレート・レークス・ブリューイング・カンパニーについて

1988年にパトリック・コーンウェイとダニエル・コーンウェイ兄弟が創業したグレート・レークス・ブリューイング・カンパニーは、オハイオ州でオリジナルの地ビールを醸造しています。当社はさまざまなビール、お料理、ストーリーを共有して、豊潤な五大湖地域を称えています。詳しい情報については、greatlakesbrewing.comをご覧ください。

ロックウェル・オートメーションについて

ロックウェル・オートメーション(NYSE:ROK)は、産業オートメーションと情報ソリューションに専心する世界最大の企業で、お客様の生産性を高め、地球に優しい技術を提供します。米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに本社を置き、約2万2000名の従業員が、世界80カ国以上の営業拠点でお客様をサポートしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Rockwell Automation
Keith Lester
414-382-4871

ウティマコのハードウエアセキュリティーモジュールが決済カード業界の基準準拠を達成

基準準拠により、Cryptoserver CSe 10およびCSe 100 PCI HSMはセキュアな取引を決済業界に保証


独アーヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ウティマコは、当社のCryptoServer CSe HSMプラットフォームについて、非規制環境に対する決済カード業界PINトランザクション・セキュリティーのハードウエアセキュリティーモジュール・バージョン2(PCI PTS HSM V2)への準拠を達成しました。このPCIセキュリティスタンダードカウンシルによる基準への準拠を当社のCryptoServer CSe HSMプラットフォームが達成したことにより、決済業界と消費者は、ウティマコのHSMを使用して行うトランザクションのプロセスにおいて、データのセキュリティーが確保されるという自信を得ることができます。

ウティマコのCryptoServer CSe HSMはカード決済システムのセキュリティーを確保すべく設計されており、積極的な改ざん防止機能を備えた高性能のセキュリティープラットフォームとして、顧客のPIN番号やカード所有者のデータなど、暗号鍵その他の機密情報を保護します。アップデートされたCryptoServerハードウエアプラットフォームがPCI HSM認定を取得したことは、最も厳格で要求の厳しい環境においても革新的で高品質のセキュリティーソリューションを提供できるウティマコの実力を実証しています。

また、ウティマコはオープン決済APIも提供しており、ベンダーはフルカスタマイズが可能なHSMにより、変化を続ける業界ニーズに対応できるほか、カスタマイズしたファームウエアソリューションの認定にも役立ちます。

ウティマコのシニアバイスプレジデントを務めるマティアス・パンカートは、次のように語っています。「決済取引は機密性が高いという性格のため高レベルのセキュリティーが必要であり、情報漏えいやエクスプロイトが増大する中、金融機関は大きな被害をもたらす攻撃から顧客や自らを守るためのセキュアなソリューションを必要としています。今回、立派な独立組織のPCIセキュリティスタンダードカウンシルから新基準への準拠を認定されたことにより、ウティマコは最高レベルのセキュリティーで企業や消費者のニーズに応えられることを保証します。」

HSMはセキュアな決済取引のセキュリティーを確保し、最高水準のセキュリティー規格を保証するための基本的なツールです。今回の認定により、ウティマコのHSMを使用する銀行やクレジットカード会社は、EMVチップ技術採用の決済カードを発行する際に、またPINの処理やカードの検証、カード製造、ATM取引などの決済プロセスを実現する際に、これらの取引をセキュアかつ効率的に行うというメリットを得ながら、PCI SSCマンデートを順守することができます。

パンカートは、次のように語っています。「私たちは、最も厳しい要件プロファイルの評価でPCI HSM認定を取得したことを特に誇りに思います。このプロファイルは、ISO認定されていないデータセンターなど、規制環境や非規制環境で使用された場合の物理的セキュリティー専用のものです。当社は国際的に認められた基準や準拠要件を達成しながら、革新的で高品質のセキュリティーソリューションを提供することに真剣な努力を傾けていますが、今回の認定はこの取り組みの証しとなります。当社にとって次のステップは、当社初のHSM PaymentServerを2017年第4四半期に発売することです。」

PCI SSCは決済業界のHSMのための実用的なセキュリティー準拠基準を策定しました。PCI SSCが発出した最新のマンデートおよび暗号化基準では、決済関連のHSMすべてにPCI HSMを要求しており、PCI HSMは今後のシステムではデフォルト基準になると想定されています。この基準を満たすことにより、究極的には、世界的な決済ネットワークの中で、また世界の商業設備の中で、より高いレベルのセキュリティーがカード所有者の情報の扱いで生まれます。

ウティマコのPCI HSM認定の詳細や、また近日発売予定のHSM PaymentServerのいち早い情報を知るには、https://hsm.utimaco.com/contactをご覧ください。

ウティマコについて

ウティマコは決済業界のための信頼の基点を提供するHSMの大手メーカーです。当社は暗号鍵やデジタル身元証明書を安全に維持することにより、極めて重要なデジタルインフラや高価値のデータ資源を保護します。当社の製品は基幹的なビジネスデータやビジネス取引のセキュリティーを確保にすることにより、革新を実現し、新ビジネスの創造を支援します。1983年に設立されたウティマコ のHSMは現在80カ国以上の1000カ所以上に設置されています。ウティマコは総勢170人を雇用し、ドイツ、米国、英国、シンガポールに営業所を構えています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Utimaco
Alexandra Guennewig
Director of Global Marketing
Phone: +49 241 1696-210
E-Mail: Alexandra.Guennewig@utimaco.com
or
Media Contacts:
OneChocolate
Brian Blank/ Meghana Shendrikar
Phone: +1 415 989 9803
E-Mail: Utimaco@onechocolatecomms.com

東芝:車載向け画像認識用プロセッサ「Visconti™4」がデンソーの前方監視カメラシステムに採用

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社の画像認識プロセッサ「Visconti™4(TMPV7608XBG)」が、株式会社デンソー(以下、デンソー)の車載向け次世代前方監視カメラシステムに採用されました。



今回採用された「Visconti™4」は、カメラからの入力映像を画像処理し、自車が走行している車線、車両、歩行者、標識、自転車乗員、対向車のヘッドライトなどを認識する画像認識プロセッサです。

「Visconti™4」は、デンソーに2015年から採用されている「Visconti™2」と比べ、倍のアプリケーションの処理を可能にするため、画像処理エンジンを8個に倍増させました。また、認識に必要な処理時間の短縮と、背景と対象物の輝度差が少ない状態や夜間における歩行者検知性能を向上させるべく、新たに開発した認識アルゴリズム「Enhanced CoHOGアクセラレータ注1」を搭載しました。これらの性能が評価され、今回の採用に至りました。
なお、当社とデンソーは、画像認識システム向けの人工知能技術(Deep Neural Network -Intellectual Property(DNN-IP))を共同開発しており、高度運転支援・自動運転分野において協業関係にあります。

近年、自動車の安全に関する評価プログラム「Euro-NCAP注2」において、自転車および夜間歩行者に対する衝突回避性能の評価が追加されたことなどを背景に、安全性能に関するシステムの需要が高まっており、車載カメラの市場は2021年に1兆円になるとみられています注3。当社は今後も、道路交通の安全を追求する車載半導体製品を積極的に提案していきます。

注1  Enhanced CoHOGアクセラレータ:当社が開発した輝度及び色情報を用いて複合共起特徴量を抽出するアルゴリズム。
注2  Euro-NCAP: European New Car Assessment Programme(ヨーロッパ新車アセスメントプログラム)
注3  株式会社テクノ・システム・リサーチ「Automotive Camera Market Analysis 2016」
*Viscontiは株式会社東芝の商標です。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

アジア最大の韓流フェスティバル「釜山ワンアジアフェスティバル」を10月に開催

韓国の釜山に来てBLACKPINK、Apink、GFRIENDに会いましょう

韓国釜山--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 10月にK-POPのトップスターたちが釜山で全世界の韓流ファンと集う。釜山広域市主催、釜山観光公社主管の下でアジアNo.1韓流フェスティバル「2017 釜山ワンアジアフェスティバル」(以下 BOFという)が開催される。



「BOF」は釜山が有する文化・観光のインフラと韓流コンテンツ及びアジア文化が統合するフェスティバルである。K-POP、Kフード、KビューティーなどKカルチャーを一度にすべて楽しむことができる。10月22日(日)から31日(火)にかけて多彩な公演と展示がアジアド主競技場、映画の殿堂、海雲台亀南路など釜山一帯で開催される。

特に開幕公演にはBLACKPINK、Apink、GFRIEND、B.A.P、ASTRO、SECHSKIESが、Park Concertにはユリサンジャ(ガラス箱)、ぺク・ジヨン、キム・テウ、Ailee、Bolbbalgan4などが出演し、韓流の中心地釜山を熱狂の渦に巻き込むことは間違いない。

BLACKPINKはアメリカApple Musicの「ベスト・オブ・ザ・ミュージック」に選ばれ、中国QQミュージックの総合新曲チャートで1位になった超大物新人である。Apinkは日本のオリコンチャートにランキングし、台湾KKBOX Music Awardsでスペシャルアワーズを受賞するなど華々しく活動を広げているガールズグループである。GFRIENDも米国ビルボードの「2015年注目すべきK-POPアーティストTOP5」に選ばれた経歴がある。これに加えてMTV EMA(MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード)受賞など国内外の数々の賞を受賞した男性6人組アーティストB.A.Pと「ソウル歌謡大賞」で海外ファンが選ぶ「韓流人気賞」を受賞したASTRO、90年代韓国を虜にした元祖アイドルSECHSKIESが一堂に会する。

また今も変わらぬ支持を受けている感性的な音楽のユリサンジャ(ガラス箱)、力強い歌声でアピールするボーカリストのぺク・ジヨン、韓国の国民的アイドルグループであったgodのメインボーカルのキム・テウ、実力派歌姫Ailee、圧倒的なダウンロード数を誇る独創的なデュオBolbbalgan4の公演も見ることができる。

BOFの詳しい内容はホームページ(http://bof.or.kr/jap)またはフェイスブック(https://www.facebook.com/BusanOneAsiaFestival)を参照。


Contacts

Busan One Asia Festival
SHIN YOONKYUNG, +82-10-8923-7261
mars@sbs.co.kr

2018年「三井化学 触媒科学賞」のWeb募集について

~2017年9月1日から当社ウェブサイトで受付開始~

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 三井化学株式会社(東京都港区、代表取締役社長:淡輪 敏)は、2018年「三井化学 触媒科学賞」の募集を行います。応募の受付は2017年9月1日より当社ウェブサイトで開始致します。


「三井化学 触媒科学賞」は、化学および化学産業の持続的発展に寄与することを目的として、触媒科学の分野で優れた研究業績をあげた研究者を隔年で表彰するものです。応募は以下の当社ウェブサイトから9月1日より受け付けます。奮ってのご応募お待ちしております。

2018年「三井化学 触媒科学賞」Web募集 http://jp.mitsuichem.com/techno/csa/index.htm

■募集の詳細

I.募集内容

   

三井化学 触媒科学賞
(1名以内)

 

三井化学 触媒科学奨励賞
(2名以内)

応募対象 触媒科学の分野において、顕著な研究業績をあげた大学、あるいは公的研究機関に属する研究者 触媒科学の分野において、独創的な研究業績をあげた大学、あるいは公的研究機関に属する研究者

応募条件
(2017年4月1日時点)

47歳以下 37歳以下
副賞等  

記念盾
賞金 500万円

 

記念盾
賞金 100万円

 

II.選考方法/スケジュール

触媒科学分野の学識経験者数名と、三井化学関係者1名による委員会で選考する。

WEB募集開始   2017年9月1日
WEB募集締め切り 2017年12月31日
発表予定 2018年6月
発表方法 三井化学ウェブサイト、専門誌等で発表
授賞式・受賞記念講演  

受賞者は2018年秋に受賞講演を行っていただきます。
授賞式、受賞講演に係わる旅費は当社で負担します。

 

応募書類・提出情報、応募に関しての諸注意、個人情報の取扱い等詳細は上記URLをご確認ください。


Contacts

<本件に関するお問い合わせ先>
三井化学株式会社
コーポレートコミュニケーション部
河本崇志
TEL:03(6253)2100

ワールドレミットがシンガポールからのデジタルマネー送金サービスを立ち上げ

新たなハブがアジア太平洋地域における急速な業務拡大を促進

ロンドン & シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルマネー送金のトップ企業のワールドレミットは、シンガポールでの業務を開始しました。この新サービスにより、シンガポールで働く出稼ぎ労働者はワールドレミットのアプリまたはウェブサイトを通じて世界140カ国以上の国にインスタントメッセージを送るのと同じように手軽に送金することが可能になります。


今回の動きにより、ワールドレミットのアジア拠点は大幅に拡大し、シンガポール、香港、日本、マレーシアを網羅することになります。ワールドレミットはアジア太平洋地域で急成長しており、現在、同地域はワールドレミットの世界における取引高の25%近くを占めています。これは、同地域におけるモバイルファーストのオンライン送金サービスに対する需要の拡大を反映しています。

国連の国際農業開発基金(IFAD)によると、過去10年間で送金取引が最も大幅に増加している地域はアジアで、現在、受取総額の55%を占めています。世界銀行は、シンガポールを世界で2番目に事業をしやすい国、また世界で6番目に起業しやすい国に位置づけています。

ワールドレミットのデジタル・モデルでは、セキュリティーおよびコンプライアンス基準が著しく改善されています。また、送金者にとって不便で時間のかかる店舗訪問も不要です。ワールドレミットは、顧客IDの電子認証を承認された最初の国際送金サービス企業であり、これによりさらにサービスの利便性が増しています。

シンガポールからの送金は、他の地域の経済に大きな影響を及ぼします。世界銀行によると、2015年には62億ドル以上の資金がシンガポールから国外に送金されています。主な送金先は、フィリピン、中国、マレーシア、インドネシア、インドです。

イシュマル・アーメッド 最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「金融サービスにおける革新に対して先進的な取り組みを行っているシンガポールのような国際国家においてサービスを開始することを、大変うれしく思います。成長の続くシンガポールのフィンテック業界に加わり、より多くの人々が当社の安全かつ迅速で低コストの送金サービスを利用できるようにすることを楽しみにしています。」

ワールドレミットは6月、グーグルの「Android Pay」との世界的なサービスの統合を発表し、続いてアフリカにおけるファーウェイのモバイルマネー・プラットフォームとの提携を明らかにしました。現在、ワールドレミットは送金サービス会社からモバイルマネー口座への国際送金額の74%を扱っており、世界のモバイルマネー口座の5分の1以上とつながっています。

** 以上 **

ワールドレミットについて

ワールドレミットは送金の方法を変革します。

  • 送金は簡単です。アプリを開くだけ、あるいはウェブサイトにアクセスするだけで送金できます。取扱店は必要ありません。
  • ほとんどの国への送金は即時に行われます。インスタントメッセージを送るのと同じ要領です。
  • 複数の受け取り方法があります(モバイルマネー、銀行振替、現金受取、携帯電話通信時間の追加)。
  • 50カ国以上から140カ国以上に送金できます。
  • アクセル・パートナーズとTCV(フェイスブック、スポティファイ、Netflix、Slackの投資家)が出資

ワールドレミットは英国ロンドンにグローバル本社を置き、米国、カナダ、南アフリカ、シンガポール、フィリピン、日本、オーストラリア、ニュージーランドに地域オフィスを構えています。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20170721005562/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

WorldRemit
Lucas Germanos
Global Lead
PR and Media Relations
lgermanos@worldremit.com

イマージョンが三菱電機と複数年契約

三菱電機が自動車アプリケーションにイマージョンのハプティックス IP を採用

米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- タッチフィードバック技術の開発とライセンス供与を行うイマージョンコーポレーション (NASDAQ:IMMR) は今日、東京に拠点を置く三菱電機株式会社と複数年契約を交わしたことを発表しました。三菱電機は、自動車ソリューション向けにイマージョンのハプティックス IP のライセンスを取得しています。


イマージョンの質の高いタッチフィードバックテクノロジーは、車載インターフェイスやアプリケーションをさらに進化させます。エンターテイメント、ナビゲーション、空調など、車内の操作性を高めるために質の高い触感効果を組み込んだ車が増える中、ハプティックスはますます多くの自動車アプリケーションに取り入れられるようになっています。

「触感はユーザーエクスペリエンスを高めるものです。三菱電機と協力して、同社の自動車アプリケーションにハプティックスを取り入れられることを大変嬉しく思います」と、イマージョン・ジャパン株式会社の代表取締役社長、嶋田展光は述べています。「車の内装を通じて、当社のテクノロジーによって可能となる三菱電機の次世代インターフェイスが見られることを期待しています。」

イマージョンについて

イマージョン コーポレーション (NASDAQ: IMMR) は、ハプティック テクノロジーで世界をリードするイノベーター企業。イマージョンのタッチ フィードバック ソリューションによって、ユーザーは快適な触感を楽しめ、没入感およびリアル感に優れたデジタルの世界を経験できます。 合計 2,400 件以上の特許(出願中の件数を含む)を有するイマージョンの技術は、30 億台以上ものデジタル機器に取り入れられており、携帯電話、自動車、広告、ゲーム、医療、コンシューマーエレクトロニクスなどの製品にタッチ フィードバックを提供しています。イマージョンは米国カリフォルニア州サンノゼに本社を構え、世界中で事業を展開しています。詳しくは、www.immersion.com/ja/ をご覧ください。

将来見通しに関する記述について

本プレスリリースには「将来見通しに関する記述」が含まれています。これは、リスクおよび不確実性を伴い、それらの記述が具体化しないか不正確であると判明した場合、イマージョン コーポレーションおよび同社の連結子会社の業績が、そのような将来の見通しに関する記述で表明もしくは示唆された内容から著しく乖離する可能性があることを前提としています。

歴史的事実を除き、すべての記述は将来見通しに関する記述と見なされます。こうした記述には、エンターテイメント、ナビゲーション、空調など、車内の操作性を高めるために質の高い触感効果を組み込んだ車が増える中、ハプティックスがますます多くの自動車アプリケーションに取り入れられるようになっているという内容の記述や、イマージョンの質の高いタッチフィードバックテクノロジーが自動車アプリケーションにもたらすメリットやイマージョンの経営にもたらす影響に関する記述などが含まれますがこれらに限定されません。

イマージョンの実際の業績は、イマージョンの事業に伴うリスクや不確実性により、かかる将来見通しに関する記述で表明または示唆された内容から著しく乖離する場合があります。そのようなリスクや不確実性には、イマージョンや当社のライセンシーが製品開発に努めている最中に遭遇する予測不可能な困難や問題、イマージョンのライセンシーが実装の取り組みにおいて遭遇する予測不可能な困難や問題、将来的な知的財産関連の訴訟とその訴訟に関連した費用による不利な結果、現在のマクロ経済環境の影響、イマージョン製品やイマージョンのテクノロジーを搭載したサードパーティ製品に対する商業的需要の獲得の遅延や失敗、ならびに重要なユーザー エクスペリエンスとしてのタッチ フィードバックの受け入れの遅延や失敗が含まれますが、これらに限定されるものではありません。こうしたリスクや不確実性の多くは、イマージョンによる管理の範囲を超えています。

これらの要因や、実際の業績が大幅に異なる場合の原因となり得るその他の要因については、イマージョンが米国証券取引委員会に提出した最新のフォーム 10-K およびフォーム 10-Q に記載のリスク要因をご参照ください。本プレスリリースの将来見通しに関する記述は、リリース作成時点におけるイマージョンの考えや予想に基づいています。イマージョンは、本リリース発表以降に発生した財務・事業上の結果やその他の展開による結果としてこれらの将来見通しに関する記述を更新する一切の義務を否定します。

イマージョンおよびイマージョンのロゴは、米国およびその他諸国のイマージョンコーポレーションの商標です。その他すべての商標は各所有者の所有物です。

(IMMR - C)


Contacts

メディア関連のご質問は以下の連絡先まで:
Edelman
コリーン・クーン (Colleen Kuhn)、+1-650-762-2804
colleen.kuhn@edelman.com
または
投資関連のご質問は以下の連絡先まで:
The Blueshirt Group
ジェニファー・ジャーマン (Jennifer Jarman)、+1-415-217-5866
jennifer@blueshirtgroup.com

カルバン・クラインが世界規模の2017年秋「CALVIN KLEIN 205W39NYC」広告キャンペーンについて発表

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- PVHコープ(NYSE:PVH)の完全所有子会社であるカルバン・クラインは本日、世界規模で展開する2017秋「CALVIN KLEIN 205W39NYC」マルチメディア広告キャンペーンについて発表しました。キャンペーンでは、最高クリエイティブ責任者のラフ・シモンズが手がけるCALVIN KLEIN 205W39NYCのデビューコレクションを取り上げます。



ファッションフォトグラファーのウィリー・ヴァンダピエールが撮り下ろした印象的なキャンペーン写真は、昨シーズンの「カルバン・クライン:アメリカン・クラシックス」キャンペーンの屋外広告を背景にモデル22人を撮影したシリーズです。撮影までの数日間に、アンディ・ウォーホルの作品を起用した前回キャンペーンの屋外広告がカリフォルニアの砂漠に立てられました。このキャンペーンではアートとトリックを扱い、現実や想像の世界、そしてハイファッションと日常的な感覚が混じり合う奇妙な世界を描き出しています。キャンペーンは幻想的な映画のワンシーンのように表現された、アウトサイダーから見た米国の姿であり、最高クリエイティブ責任者のラフ・シモンズとクリエイティブディレクターのピーター・ムリエルのスタイルとして定着した空想の世界に通じるものです。

このキャンペーンは世界22市場での総合的なメディアミックスを通じて8億5000万を超えるインプレッションが見込まれ、シモンズの指揮下で進化を続けるカルバン・クラインの姿勢を印象づけるものとなるでしょう。成功を収めたアメリカン・クラシックスキャンペーンを再起用した今回のキャンペーンのより大型でインパクトのある屋外広告は、ニューヨーク、パリ、ブリュッセル、中国、韓国、香港などの主要ロケーションに設置されます。

キャンペーンに登場する2017年秋「CALVIN KLEIN 205W39NYC」コレクションには、マーチングバンドの衣装、プラスチックでカバーした服、「パワーブローカー」スーツ、手縫いのアンティークキルティング、作業服、ウエスタン風のコーディネートなどをミックスしたアイテムが並びます。また、CALVIN KLEIN 205W39NYC部門傘下で展開される、新しいデザイナーデニムラインのCALVIN KLEIN JEANS ESTABLISHED 1978の商品も含まれます。この新ラインのアイテムを飾る特製パッチのシルエットは、1981年にカルバン・クライン・ジーンズのためにリチャード・アヴェドンが撮り下ろした女優ブルック・シールズの写真を思わせます。この印象的な写真はデザイナージーンズというコンセプトを生み出したカルバン・クライン・ジーンズ・ブランドの誕生後間もなく発表されたもので、CALVIN KLEIN JEANS ESTABLISHED 1978はブランドの歴史と未来の両方を称える存在であることを意味しています。

カルバン・クラインは、大胆な先駆的アイデアと、魅惑的でミニマルな美的価値を体現する、グローバルなライフスタイルブランドです。刺激的なイメージと心に響くデザインで感覚を目覚めさせながら、人々に与えるスリルとインスピレーションを追求しています。

当社は1968年、カルバン・クラインとビジネスパートナーのバリー・シュヴァルツにより創設され、不要なものを排除する清廉なルックスと革新的デザインを通して米国のファッションリーダーとしての地位を築いてきました。2015年度のカルバン・クライン製品の全世界での小売売上高は80億ドルを超え、110カ国(以上)で販売されました。また、全世界に1万人を超える従業員を擁する当社は、2003年にPVHコープにより買収されました。

130年以上の歴史を持つPVHは、米国の象徴的なブランドや企業の成長において優れた成果を残し、世界最大級の衣料品企業になりました。40カ国以上で事業を展開し3万人以上の従業員を雇用しており、売上高は80億ドル以上に達しています。当社はカルバン・クライン、トミーヒルフィガー、ヴァンヒューゼン、IZOD、アロー、スピード*、ワーナーズ、オルガなどの有名ブランドを所有し、こうした傘下ブランドや国内・国際的に有名な他の当社所有・ライセンスブランドの下で、多様な商品を販売しています。

* スピード・ブランドについては、北米およびカリブ海諸国での永続的ライセンスをスピード・インターナショナルより受けています。

編集クレジット:CALVIN KLEIN 205W39NYC

画像クレジット:© 2017 Willy Vanderperre

ソーシャルメディア:facebook.com/calvinkleincalvinklein.tumblr.comgoogle.com/+calvinkleinyoutube.com/calvinkleintwitter.com/calvinkleininstagram.com/calvinkleinpinterest.com/calvinklein

スナップチャット:calvinklein

ブランドハンドル:@calvinklein

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Calvin Klein, Inc.
Alexandra Wagner, 212-292-9794
SVP, Corporate Communications
alexandrawagner@ck.com
または
Amanda Peña, 212-292-9223
Director, Corporate Communications
amandapena@ck.com

マベニールが5Gネットワーク/サービスに打ち込むR & D卓越拠点を発表

イスラエルのセンターが5Gイノベーションを推進

イスラエル・テルアビブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サービスプロバイダーのためのネットワーク変革の促進とそのあり方の刷新をリードするマベニールは本日、研究開発と5Gイノベーションのための新たな卓越拠点をイスラエルのラーナナに開設したと発表しました。この卓越拠点は5Gネットワーク/サービスのソリューションに打ち込んでいきます。



次世代のネットワークインフラは、厳格な体感品質(QoE)(仮想現実など)、異種ネットワークにおける滞りのないモビリティー(HetNet)、超低遅延(タッチ・インターネットなど)、高い信頼性(自律走行車など)を備えたアプリケーションを支えるとともに、何十億台ものモノのインターネット(IoT)デバイスから新規の詳細情報を提供する共通のフレキシブルインフラを基盤としていきます。5Gはデータ経済の次なる発展に不可欠な無線サービスを提供していくことになります。

マベニールの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるパーディープ・コーリは、次のように述べています。「5Gは基本的に革新の新たな枠組みであり、マベニールは一貫して革新的で破壊的なソリューションを市場に提供すべく未来に目を向けています。イスラエルは“シリコンバレー2”として知られ、またそう言われる正当な理由もあります。イスラエルはGDPの約4.3%を研究開発に投資しており、研究開発投資の割合が世界最高となっています。」

「私たちはイスラエルの有能な人材を活用して、この刺激的で革命的な次世代ネットワークのための世界レベルの革新/研究開発ハブを確立していきたいと思います。」

マベニールは当社のエンドツーエンドの5Gポートフォリオ(NGCN、クラウドRAN、エンドツーエンドセキュリティー、オーケストレーション)まわりでクラウド中心のNFVインフラ(NFVi)に傾倒しており、オープンな開発手法とプログラミングツールを使用して、未来のネットワークの実現に取り組んでいます。ラーナナのセンターは、最近発表したブルノの卓越拠点と同様に、マベニールの音声/ビデオソリューションや高度メッセージングソリューションも手掛けていきます。

マベニールについて

マベニールはサービスプロバイダーのネットワークの転換を加速し、そのあり方を変えるリーダー企業であり、ネットワークインフラスタックのあらゆるレイヤーを対象とする包括的な製品ポートフォリオを提供しています。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコアおよびRANに至るまで、最初からクラウド対応の進化型ネットワーキングソリューションで先頭に立ち、革新的でセキュアなエンドユーザー体験を実現させています。

業界初のVoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、ビジュアルボイスメール、クラウドRANのソリューションを通じて、350社以上のCSPの加入者35憶人にサービスを提供しているマベニールのプラットフォームは、サービスプロバイダー各社の次世代ビジョンを今日において見事に実現し、新しい収益源と経営効率を達成できるようにします。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Maryvonne Tubb, +1 972-333-7282
pr@mavenir.com

QNBグループがインドで業務を開始

カタール・ドーハ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中東・アフリカ地域最大の金融機関であるQNBグループは最近、インド経済の中心地であるムンバイで業務を開始しました。


今回のインドへの進出は、非常に競争の高い市場における基盤の確立に加えて、2020年までに中東、アフリカおよび東南アジアを代表する銀行になるというQNBグループのビジョンに基づくものです。

インドの新支店を通じて、QNBグループはあらゆる銀行商品・サービスを提供します。また、QNBグループはウェルス・マネジメント、資産運用、プロジェクト・ファイナンスのほか、スマート・バンキング・ソリューションおよびインド市場のニーズを満たすように設計された一連の革新的な商品・サービスの提供において、豊富な経験を有しています。

インド経済は世界で7番目の規模を誇り、2016年のGDPは2.3兆米ドルでした。またインドは世界で2番目に人口が多く、主要国の中で最も高い経済成長率を記録しています。インドとカタール、ひいては中東地域全般との貿易関係および人材交流は拡大しており、特にインドはカタール産液化天然ガスの世界で3番目の輸入国です。

QNBは最近、The Banker誌のTier 1自己資本に基づくランキングで中東およびアフリカのベスト・バンクに選出され、また同誌の世界の銀行トップ1000で82位にランクされました。

QNBグループの総資産は2017年6月30日時点で過去最高の2110億米ドルに達し、2017年6月30日締め上半期の純利益は18億米ドルとなりました。

子会社と関連会社を通じてQNBグループの拠点は世界の3つの大陸、31カ国以上に広がっており、高度で総合的な商品とサービスを提供しています。従業員総数は2万7900人を超え、1250カ所以上の拠点で2100万人以上のお客さまにサービスを提供しており、ATMネットワークの端末設置台数は4300台を超えます。

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

QNB Group
Maha Mubarak Ali, +97444975704
PR@qnb.com.qa

アンビット・エナジー日本進出

ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大のエネルギー供給サービスのダイレクト・セリング会社であり、米国で有数のエネルギー小売企業であるアンビット・エナジーは、今日、日本進出としてアンビット・エナジー・ジャパン合同会社を正式にオープンさせました。現在、北海道電力、東北電力、東京電力、中部電力、北陸電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力の9社が電力を供給する地域にお住まいの一般家庭または小規模事業者は、アンビット・エナジー・ジャパンのサービスに申し込むことができます。

日本はアンビット・エナジーにとって初めての海外進出です。2006年にジェリー・トンプソン・ジュニア氏とクリス・チャンブレス氏が共同で創業したアンビット・エナジーは、アメリカで16の州とワシントンD.C.の電力自由市場で電気と天然ガスを供給しています。同社は全米で120万以上の顧客を抱え、2016年には12憶ドルを超える年商を記録しました。

共同創業者兼CEOのジェリー・トンプソン・ジュニア氏は、「日本への進出は、アンビットにとってこれまでにない成長の機会(オポチュニティ)だ。サービス品質の高い電気を数百万人の新しいお客さまに、魅力的な価格で提供できることに、とても興奮している」と述べました。

もう1人の共同創業者で、アンビット・エナジー・ジャパンのCMOでもあるクリス・チャンブレス氏は、「10年前にアンビットを立ち上げたとき、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることを決意した。今、日本で同じ決意を持ってお客さまに優れたサービスをお届けするために全力を尽くしたい」と述べました。

日本の電力市場は2016年4月1日に自由化され、同社にとって約7.8兆円以上の可能性があります。この自由化により、価格競争が起き、消費者により安い料金を提供できるようになりました。

アンビット・エナジー・ジャパンにご興味のある方は、同社のホームページ(AmbitEnergy.co.jp)をご覧ください。

アンビット・エナジーとは

アンビット・エナジーは全米および現在は日本で、電力が自由化された市場で電気と天然ガスを供給しています。ダイレクト・セリング企業として40万人を超える独立コンサルタントを抱えています。同社が2006年に設立された時の目標はただ1つ、米国屈指のエネルギー小売企業として高い評価を受けることでした。そのために設立したカスタマーケアセンターは、受賞歴もあります。また、エネルギーパートナー、コンサルタント、そしてお客さまとも非常に良好な関係を築いています。アンビットの戦略は功を奏しています。「Inc.」誌では6年連続、最も急成長している企業として紹介され、2010年には第1位に輝きました。年商は12憶ドル、120万人以上のお客さまにご満足いただいているアンビットは、「Direct Selling News」のランキング調査では4年連続世界最大のエネルギーのダイレクト・セリング企業に選出されています。アンビット・エナジーの詳しい情報については、下記にお問い合わせください。

アンビット・エナジー・ジャパン:AmbitEnergy.co.jp

カスタマーケアセンター:0120-907-830(フリーダイヤル、受付時間:月曜日~土曜日、午前9時~午後6時)


Contacts

広報担当
Drew Wilson
Drew.wilson@hck2.com

グレート・アメリカン保険会社シンガポール支店が主要人材の採用を発表

シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グレート・アメリカン保険グループは本日、当社主力の保険会社であるグレート・アメリカン保険会社のシンガポール支店が、ラリー・クオック、リンダ・タン、ドノバン・ラムを採用したことを発表しました。



ラリー・クオックは海上保険(北アジア市場)担当取締役に就任します。この役職でクオックは、北アジア市場内での海上保険引受業務の戦略的管理とポートフォリオ管理を担当します。また、アジア地域で事業が成長目標を達成できるよう支援します。クオックは保険業界で18年に及ぶ経験を有し、海上保険分野を専門にさまざまな保険引受と管理の要職を務めました。クオックはロイヤルメルボルン工科大学でビジネス・トランスポート・ロジスティックス管理の学士号を取得し、マンチェスター・メトロポリタン大学で法学士号(LLB)を取得、香港城市大学で海事・海上運送法の法学修士号(LLM)を取得しています。クオックはオーストラリア・ニュージーランド保険金融協会(ANZIIF)のシニア・アソシエート・メンバーです。

リンダ・タンは海上保険担当取締役に就任します。この役職でタンは、アジア地域内での海上保険引受業務の戦略的管理とポートフォリオ管理を担当します。また、アジア地域で事業が成長目標を達成できるよう支援します。タンは保険業界で20年以上に及ぶ経験を有し、海上および非海上保険商品の引受業務、サービス提供、仲介、販売、ならびに任意および特約業務における地域顧客管理の実務専門知識を有しています。タンはオーストラリア保険協会のアソシエート・メンバーです。

ドノバン・ラムは海上保険および損害保険金請求のシニアマネジャーに就任します。この役職で、ラムは、すべての海上保険と損害保険業務の保険金請求管理を統括し、ベストプラクティスを推進し、お客さまに優れた損害サービスを提供します。ラムは、海上保険金請求で27年以上に及ぶ幅広い経験を有しています。ラムは地理学の学士号を取得し、ロンドン勅許保険協会のアソシエート・メンバーです。

グレート・アメリカン保険会社シンガポール支店について

グレート・アメリカン保険会社シンガポール支店は、多種多様な企業顧客に幅広い保険ソリューションを提供しています。シンガポール支店は卓越したサービスをお客さまに提供することに努めており、経験豊富な保険引受チームがお客さまのニーズに合わせて保険契約を調整します。グレート・アメリカン保険会社のシンガポール支店は、特に損害サービスを中心としてサービス基準をとりわけ重視しており、お客さまが難しい取引先を勝ち取り管理できるよう支援するとともに、柔軟で効率的かつ拡張性のあるビジネスモデルを通して、現地市場の機会を最大化する能力を有しています。グレート・アメリカン保険会社シンガポール支店(#16-01 Centennial Tower, Singapore 039190. 登録番号T15FC0029B)

グレート・アメリカン保険グループについて

グレート・アメリカン保険グループの歴史は、旗艦会社のグレート・アメリカン保険会社が設立された1872年に遡ります。オハイオ州シンシナティに本拠を置くグレート・アメリカン保険グループは、企業向けの専門的商品を中心とする損害保険と個人、金融機関、教育機関向けの従来型の固定および指数連動型年金保険の販売を主力としています。グレート・アメリカン保険会社は、100年余にわたってAMベスト・カンパニーから「A(エクセレント)」格以上の格付けを付与されています(直近の2016年5月12日時点での格付けは「A+(スーペリア)」)。グレート・アメリカン保険グループに属する企業は、同じくオハイオ州シンシナティに本拠を置くアメリカン・ファイナンシャル・グループ(AFG)の子会社です。AFGの普通株式は、ニューヨーク証券取引所に上場されています。ティッカーシンボルは「AFG」です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Great American Insurance Company – Singapore Branch
Vanessa Teo, CFO/ COO, +65-6804-6011
Vanessa.teo@sg.gaig.com
or
Great American Insurance Group
Diane P. Weidner, 513-369-5713
or
Websites:
www.GreatAmericanInsuranceGroup.com
www.AFGinc.com

ドーシーの中国部門が「Asialaw Dispute Resolution Awards 2017」の最終候補に

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 国際法律事務所のドーシー&ホイットニーは本日、「Asialaw Dispute Resolution Awards 2017」の「Best in Banking and Finance」部門の最終候補となったことを発表しました。受賞者は、2017年9月28日に香港で発表されます。アジアローの発表内容はこちらをご覧ください。



ドーシー&ホイットニーの米国・中国部門共同責任者のラニア・サパースティーンは、次のように述べています。「『Asialaw Dispute Resolution Awards』の『Banking and Finance』部門の最終候補に残ったことを大変光栄に思います。この部門は非常に競争が激しく、そこで上位に名を連ねることができ、大変うれしく思います。」

3年目を迎えた「Asialaw Dispute Resolution Awards」は、さまざまな法務分野や法域における優れたリーダーを称えるもので、アジア関連の論争の処理に優れた強みを持つ法律事務所が選定されます。

米国・中国部門を有するドーシーは、中国のクライアントおよび銀行業界全般を対象とした紛争解決における法務サービスのリーダー的存在です。ドーシーの米国・中国部門は、米国およびグレーター・チャイナ全域に広がる当事務所の拠点の専門的知見を集約した分野横断的な組織です。サパースティーンは、次のように述べています。「当事務所の使命は、国境を越えた連携関係の確立を重視する中国および米国のクライアントに質の高いゆるぎない法務サービスを提供するトップクラスの米国・中国部門を確立することです。」

ドーシーの米国・中国部門は、中国の極めて重要で規模の大きい多数の企業に対する優れた法務サービスの提供で定評があります。Big Law Businessは、ドーシーの米国・中国部門を「注目に値する」と評しています。2016年、「China Business Law Journal」誌は、中国最大規模の保険会社数社に対するサービスを評価し、「保険および再保険-国際事務所」部門でドーシーに「2016 China Business Law Award」を授与しました。法務ブログのAbove the Lawは、ドーシーの米国・中国部門を称賛し、次のように評しています。「アジアで業務を展開する北米の企業でも、あるいは海外への投資や進出の機会をうかがうアジアの企業であっても、この法律事務所はあらゆる企業ニーズに対応してアドバイスを提供できる豊富な経験を備えています。」

ドーシー&ホイットニーについて

クライアントは1912年から、貴重なビジネスパートナーとしてドーシーに信頼を寄せてきました。米国、カナダ、欧州、アジア太平洋地域に拠点を置くドーシーは、クライアントの法務/ビジネスニーズに総合的かつ積極的なアプローチにより対応しています。ドーシーは、銀行、エネルギー、食品・アグリビジネス、ヘルスケア、鉱業・天然資源、官民プロジェクト開発の分野におけるリーダー企業を含む多様な業界で、世界で最も成功を収めている多数の企業のほか、主要非営利組織や政府機関の代理を務めています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Dorsey & Whitney LLP
Jeri Longtin-Kloss, 612-492-5315
longtin.kloss.jeri@dorsey.com

ニューランド・ラボラトリーズがプロセスエンジニアリング専用ラボを公開

医薬品成分製造のためのクオリティー・バイ・デザイン(QbD)アプローチを強化

印ハイデラバード--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 約80カ国の顧客に医薬品有効成分(API)、中間複合体、カスタム化製造ソリューションの各サービスを提供する製薬会社のニューランド・ラボラトリーズ・リミテッド(NLL)(NSE: NEULANDLAB、BSE-Scrip Code:524558)は、当社研究開発センター内のプロセスエンジニアリング専用ラボが本格稼働を開始しました。新しいラボには、QbDアプローチを用いた作業や安全性試験を支援するための最先端の設備、システム、革新的なデバイスが含まれています。



ニューランドのジョイントマネジングディレクターであるSaharsh Davuluriは、次のように述べています。「当社の新しいプロセスエンジニアリングラボは、QbDプロセスの理解、プロセス制御、最先端設備による継続的な改善、実験計画法ソフトウエア、デザインスペース手法の主要な特性を統合して、プロセスデザイン、作業、生産性を最適化します。」

ニューランドの新しいプロセスエンジニアリングラボは、反応中の発熱速度を測定する攪拌/制御機能付きHEL製反応熱量計を備えています。HEL製自動化並列リアクターにより化学者は、-60~225oCの温度範囲で多くの実験を行うことが可能です。本ラボの新しいサーマルスクリーニングユニット(TSU)は、化学品の熱安定性と、安全な処理温度を示します。リスク分析に理想的なTSUは、0.5-5 gのサンプルのみを使用します。

ニューランドの科学・技術担当プレジデントであるRavi Ponnaiah博士は、次のように述べています。「このたび当社能力に重要な要素が加わったことで、ニューランドは以前にも増して、費用効果の高い処理法と高品質の製品の開発、規制関連要件の充足、スケールアップ効率の改善、市場投入期間の短縮が可能となります。」

QbDアプローチには3つの基本要素が含まれます。すなわち1)目標製品プロファイルの明確な理解、2)重要品質特性(CQA)の測定、3)工程と製品が規定の限界値範囲内に収まっていることの保証です。原材料の品質から工程パラメーターとそれらがCQAに与える影響まで、工程のあらゆる面のリスク評価を継続することで、工程と製品の継続的な改善が可能となります。QbDプログラムは、これら情報を用いてデザインスペースと工程管理戦略を向上させ、工程を連続的にモニタリングしてその機能を評価し、品質・コスト・プロセス効率を改善するための変更を取り入れることに依拠しています。

ニューランド・ラボラトリーズ・リミテッドについて

1984年設立のニューランド・ラボラトリーズ・リミテッドはインドのハイデラバードに本社を置き、米国と日本に営業所を構えています。ニューランドは10を超える多様な治療分野で、80カ国強の顧客向けに、高品質のAPIを製造しています。ニューランドはジェネリック医薬品に加え、APIおよび高次中間体の受託/カスタム製造サービスを提供しています。当社は米国の食品医薬品局(FDA、12回の査察経験)、日本の医薬品医療機器総合機構、EDQM、EMA、KFDA、TGA、ANVISA(ブラジル)、AFSSAPS(フランス)、ISO9001、ISO14001、OHSAS18001、ISO 27001の規制関連査察で輝かしい成功実績を誇っています。規制関連の提出書類は現在のところ650件を超えていますが、USDMFが51件、CEPが19件、JDMFが5件含まれています。ニューランドのリアクター容量は52万3000 Lを上回ります。

詳細情報についてはwww.NeulandLabs.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Brandwidth Solutions LLC
Debra Harrsch, 215-997-8575
dharrsch@brandwidthsolutions.com