中国向け輸出に対応。放射性物質検査証明の代わりに通用する、検査報告書を発行。農林水産省登録の愛知の測定機関が、中国向け輸出に特化したサービスを展開。 – BIGLOBEニュース


BIGLOBEニュース

中国向け輸出に対応。放射性物質検査証明の代わりに通用する、検査報告書を発行。農林水産省登録の愛知の測定機関が、中国向け輸出に特化したサービスを展開。
BIGLOBEニュース
中国は現在、10都県(*1)の全ての食品について輸入停止措置を取っており、10都県以外でも野菜や茶葉などの食品は「放射性物質検査証明書」が求められます。しかし、この「放射性物質検査証明書」の様式が日本側と中国側で合意が成立しておらず、事実上、一部産品の ...

and more »

県産魚介類購入アンケート 「問題なく購入」75% 東京・築地 – 福島民報


県産魚介類購入アンケート 「問題なく購入」75% 東京・築地
福島民報
県漁連は東京都の築地魚河岸で消費者や仲卸業者から、県産魚介類の購入意思などを聞いたアンケート結果をまとめた。放射性物質濃度が国の基準値以下と表示されていた場合、県産の魚を買うかどうか質問したところ、約75%が「問題なく購入する」と回答し、「購入しない」 ...

and more »

1番草刈り取り…登米、すき込み農地 – 読売新聞


1番草刈り取り…登米、すき込み農地
読売新聞
東京電力福島第一原発事故による放射性物質を含む廃棄物の処理問題で、登米市は25日、土壌還元が可能な1キロ・グラムあたり400ベクレル以下の汚染牧草などをすき込んだ農地で、牧草を栽培する実証実験で成長した1番草の刈り取りを行った。 1週間ほど乾燥させた後、 ...

前編 加計疑惑の盲点! 日本畜産業の現実 いまさら「獣医師増員」は必要ない!=青沼陽一郎 – 毎日新聞


前編 加計疑惑の盲点! 日本畜産業の現実 いまさら「獣医師増員」は必要ない!=青沼陽一郎
毎日新聞
飛散した放射性物質によって稲わらが汚染され、それを食べた牛の出荷が停止された。 「それで子牛も出荷できなくなって、一気に農家の廃業が進んだ」(宮城県和牛肥育農家). やがて安倍政権の返り咲きでTPP交渉が本格化すると、妥結、発効前に牛を売ってしまおうと、廃業 ...

and more »

<政府>SPEEDI、利用避難に「不確実性やリスクある」 – ニコニコニュース


<政府>SPEEDI、利用避難に「不確実性やリスクある」
ニコニコニュース
政府は24日、局長級職員でつくる原子力災害対策関係府省会議を開き、原発事故時に放射性物質の拡散を予測するSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)を、避難のタイミングや方向の決定に使うには不確実性やリスクがあるとする見解を改めて確認した ...

and more »

原子力規制委:原発事故検知強化へ 海外に近い、対馬・与那国に装置 … – 毎日新聞


SankeiBiz

原子力規制委:原発事故検知強化へ 海外に近い、対馬・与那国に装置 ...
毎日新聞
原子力規制委員会は、韓国や台湾など海外の原発で事故が起きた際の放射性物質拡散情報の検知体制強化に乗り出す。韓国に近い長崎県の対馬(対馬市上対馬町)と、 ...
対馬など2か所で放射線量測定へ 北朝鮮の核実験などに備え | NHK ...NHK
韓国など海外原発事故の検知強化へ規制委、長崎や沖縄に装置 - 産経 ...産経ニュース
海外原発事故の検知体制強化へ 規制委、長崎や沖縄に装置山陰中央新報

all 12 news articles »

北海道・幌延に核実験観測装置 国際機関が来月現地調査 – 毎日新聞


北海道・幌延に核実験観測装置 国際機関が来月現地調査
毎日新聞
機構によると、北海道や青森県は偏西風などの影響で、北朝鮮内で放射性物質が発生した場合に観測しやすい。地下核実験で発生する放射性物質のうち、放射性希ガスのキセノンは自然界にほとんど存在しないため、検出されれば実施を判断する決め手となる。 北朝鮮は ...

7月17~23日 溶融燃料らしき塊初確認 /福島 – 毎日新聞


7月17~23日 溶融燃料らしき塊初確認 /福島
毎日新聞
【21日】東電は第1原発で放射性物質を汚染水から取り除く多核種除去設備(ALPS)から水漏れがあったと発表した。漏れたのは三つあるALPSのうち「増設ALPS」と呼ばれる設備。午前0時50分ごろ水漏れの警報が鳴り、約40分後に社員が確認したところ、配管から水がした ...

大洗研被ばく 情報共有や初動、疑問 – 茨城新聞


茨城新聞

大洗研被ばく 情報共有や初動、疑問
茨城新聞
日本原子力研究開発機構「大洗研究開発センター」(大洗町)の作業員被ばく事故で、県が独自に検証する県原子力安全対策委員会の初会合が24日、水戸市内で開かれた。事故の兆候を示す情報が引き継がれていなかったことや、被ばくした作業員が現場から退室するまでに3 ...

and more »

21年放置した樹脂バッグ、放射性化合物由来のガス圧に耐えず – 日経テクノロジーオンライン


21年放置した樹脂バッグ、放射性化合物由来のガス圧に耐えず
日経テクノロジーオンライン
樹脂製バッグの破裂と放射性物質の飛散については、2017年7月時点でJAEAは原因を抽出・整理中としており、特定していないが、筆者は幾つかの要因による複合事象だと考えている。考えられる要因は次の通りである。 〔1〕作業していたフード内は負圧になっており、樹脂製 ...

海外原発事故に備え 対馬などに監視装置 – 毎日新聞


SankeiBiz

海外原発事故に備え 対馬などに監視装置
毎日新聞
原子力規制委員会は、韓国や台湾など海外の原発で事故が起きた際の放射性物質拡散情報の検知体制強化に乗り出す。韓国に近い長崎県の対馬(対馬市上対馬町)と、台湾に近い沖縄県の与那国島(与那国町)に放射線監視装置(モニタリングポスト)を設置し、2017年度内 ...
韓国など海外原発事故の検知強化へ規制委、長崎や沖縄に装置産経ニュース
海外原発事故の検知体制強化へ 規制委、長崎や沖縄に装置山陰中央新報

all 9 news articles »

溶融燃料取りだしは焦らずに – 日本経済新聞


溶融燃料取りだしは焦らずに
日本経済新聞
作業員の安全を守り、放射性物質の拡散や流出を防ぐために慎重に進める必要がある。 大切なのは、新たにわかった事実や計画、作業の変更などを政府や東電が迅速にわかりやすく説明することだ。地域はもとより、広く国民の理解と信頼が得られなければ廃炉はなし遂げられ ...

and more »

SPEEDI、利用避難に「不確実性やリスクある」 – 毎日新聞


SPEEDI、利用避難に「不確実性やリスクある」
毎日新聞
政府は24日、局長級職員でつくる原子力災害対策関係府省会議を開き、原発事故時に放射性物質の拡散を予測するSPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)を、避難のタイミングや方向の決定に使うには不確実性やリスクがあるとする見解を改めて確認した ...

福島第一3号機の調査動画 デブリの様子明らかに – NHK


産経ニュース

福島第一3号機の調査動画 デブリの様子明らかに
NHK
また、燃料デブリの可能性が指摘される大量の砂のような物質について、「放射性物質が飛散しないように閉じ込めながら取り出すことができるかが課題だ。環境中に飛散しない対策はもちろんだが、作業員の被ばく対策が大きな問題で、人手をかけずに作業できる技術開発が ...
溶けた核燃料か 黒い塊 福島3号機 圧力容器の下部東京新聞

all 289 news articles »

大洗被曝事故、3人が4回目の入院治療 – 朝日新聞


大洗被曝事故、3人が4回目の入院治療
朝日新聞
茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターの被曝(ひばく)事故で、放射線医学総合研究所(千葉市)は24日、被曝した作業員5人のうち、内部被曝量が比較的多かった3人が4回目の入院をしたと発表した。尿からの放射性物質の排出を促す薬剤の点滴 ...