日本海中部地震から34年、400団体が防災訓練 – 秋田魁新報


秋田魁新報

日本海中部地震から34年、400団体が防災訓練
秋田魁新報
本県の83人を含む104人が犠牲となった日本海中部地震から、26日で34年となった。県内19市町村を含む約400団体は「県民防災の日」に合わせ、大規模な地震津波などを想定した防災訓練を行い、惨事の教訓を忘れまいと災害への備えを確認した。津波被害が甚大 ...
きょう34年 体験者に教訓や備え聞く 災害時、高台に逃げろ 公助来るまで自助・共助 /秋田毎日新聞
南海トラフ地震 予兆時の対応検討へfnn-news.com
南海トラフ対策、予知できないのを前提でリスク対策.com
日テレNEWS24 -@S[アットエス] by 静岡新聞 -産経ニュース
all 14 news articles »

個人旅行低調で減収減益 地震やテロ響き – 毎日新聞


個人旅行低調で減収減益 地震やテロ響き
毎日新聞
JTBが26日発表した2017年3月期連結決算は売上高が前期比3.5%減の1兆2965億円、最終(当期)利益は58.4%減の52億円だった。熊本地震や欧州で相次いだテロが影響し、個人旅行が低調だった。 国内旅行は九州方面が減少し、売上高が4.2%減と振るわなかっ ...
個人旅行低調で減収減益、JTB福井新聞
個人旅行低調で減収減益、JTB 地震やテロ響きBIGLOBEニュース

all 5 news articles »

悪魔の手か?エベコ火山から伸びる噴煙の恐怖 千島列島 – エキサイトニュース


悪魔の手か?エベコ火山から伸びる噴煙の恐怖 千島列島
エキサイトニュース
北海道から約1000キロ北東に離れた千島列島のパラムシル島では、今月23日から24日にかけて爆発的噴火が相次ぎ、ロシア科学アカデミーの火山地震研究所(IVS FEB RAS)は、「火山灰が航空機の航行に影響を与える可能性がある」として警戒を強めている。 カムチャッカ ...

and more »

活断層存在「知らず」7割 熊本地震、被害集中の地域 – 日本経済新聞


活断層存在「知らず」7割 熊本地震、被害集中の地域
日本経済新聞
昨年4月の熊本地震で、被害が集中した地域の住民の7割が、地元に活断層があるのを「知らなかった」と文部科学省の調査に回答したことが26日、分かった。存在を知っていた人でも半数以上は「地震は多分起きないだろう」と考えていた。 活断層への住民の認識が十分でない ...

and more »

新燃岳の噴火レベル1に引き下げ 火山活動低下で – 西日本新聞


西日本新聞

新燃岳の噴火レベル1に引き下げ 火山活動低下で
西日本新聞
宮崎地方気象台によると、火口内に蓄積した溶岩の膨張を示す地殻変動が昨年夏ごろから止まり、噴気や地震活動などの観測データからも火山活動の高まりが見られず、火口周辺に影響する噴火の兆候はないという。 ただ、登山道の規制解除は約1キロのみ。過去の噴火の ...
霧島山・新燃岳の噴火レベル1に 火山活動低下で引き下げ産経ニュース
霧島山(新燃岳)、噴火警戒レベル2から1に引き下げウェザーニュース
霧島連山・新燃岳 噴火警戒レベル1へ引き下げ 7年ぶりハザードラボ

all 17 news articles »

西之島は今も活発な火山活動続く NHKが撮影 – NHK


西之島は今も活発な火山活動続く NHKが撮影
NHK
先月、およそ1年半ぶりに噴火が確認された小笠原諸島の西之島をNHKが上空から撮影した結果、島の中央にある火口で噴火が断続的に発生し、1か月余りたった今も活発な火山活動が続いていることがわかりました。専門家は、流れ出た溶岩で島の南西側が拡大を続けて ...

and more »

【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】海岸線に残る爪痕調査 首都圏襲う、2種類の海溝型大地震 (1/2ページ) – ZAKZAK


【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】海岸線に残る爪痕調査 首都圏襲う、2種類の海溝型大地震 (1/2ページ)
ZAKZAK
生死を分ける地震の基礎知識】「ベヨネース列岩」に噴火警報 観測難しい海底火山、過去に悲劇も · 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】いまだ解明できぬ「前震」のナゾ 気が気でないチリの地震群発地域 · 【警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識】地球を激変させる ...

鳥取中部地震の半年描く 27日、山陰中央テレビ – 日本海新聞


鳥取中部地震の半年描く 27日、山陰中央テレビ
日本海新聞
... 文化財の老舗銭湯「大社湯」を切り盛りする老夫婦の姿を追った55分間のドキュメンタリー番組。 地域防災を支える若者が減少する中、被災した銭湯は営業再開できるのか。再開か廃業かの決断を迫られる夫婦の苦悩を通じ、高齢化先進地で発生した大地震の教訓を探る。

緊急地震速報の精度向上 気象白書「大災害、必ず発生」 – 日本経済新聞


緊急地震速報の精度向上 気象白書「大災害、必ず発生」
日本経済新聞
気象庁は26日、気象白書「気象業務はいま2017」を発表した。緊急地震速報の精度向上や、浸水害の危険度をマップ上に分かりやすく示す新たな取り組みなどを紹介。「大災害は必ず発生する」という意識を社会全体で共有することの必要性を訴えている。 白書によると、昨年12 ...

防災教育研修全教員に義務付け 柏崎市 中越沖地震風化防止へ – 新潟日報


新潟日報

防災教育研修全教員に義務付け 柏崎市 中越沖地震風化防止へ
新潟日報
柏崎市立教育センターは2007年の中越沖地震から7月で10年となる本年度、教員向けの防災教育研修を拡充した。これまでは年度に1回、希望者向けに実施していたが、本年度は3回開催し、市立の小中学校に在籍する全教員約600人にいずれかの受講を義務付けた。

嘉義で地震続発 最大震度4/台湾 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

嘉義で地震続発 最大震度4/台湾
エキサイトニュース
台北 25日 中央社)24日午後5時49分から25日午後1時48分にかけて、南部・嘉義で嘉義県中埔郷を震源とする地震が計6回発生した。中央気象局によると、震源の深さは20キロ未満だった。24日午後9時10分に起きた地震のマグニチュードは6回の中で最大の5.0。嘉義と雲林 ...

and more »

<宮城沖地震>災害廃棄物予想 最大684万t – 河北新報


<宮城沖地震>災害廃棄物予想 最大684万t
河北新報
宮城沖地震>災害廃棄物予想 最大684万t. 将来予想される宮城県沖地震の発生に伴う県内の災害廃棄物が最大684万トンに上ることが、県がまとめた災害廃棄物処理計画案で分かった。東日本大震災では1951万トンの廃棄物が発生しており、計画案では処理経験を踏まえ ...

テレビに津波の高さ予想、陛下は祈るように語った – 朝日新聞


朝日新聞

テレビに津波の高さ予想、陛下は祈るように語った
朝日新聞
東日本大震災が発生した2011年3月11日。天皇陛下は皇后さまとともに皇居の宮殿で、その瞬間を迎えた。 陛下「東北は私が行きます」 震災直後、石原知事は絶句 · 連載「てんでんこ」一覧. 午後2時から、宮内庁庁舎わきの集会所・蓮池(はすいけ)参集所でボランティアの ...

いま、防災は:巨大地震に備える/1 臨場感あるエリアメール 津波防災 … – 毎日新聞


毎日新聞

いま、防災は:巨大地震に備える/1 臨場感あるエリアメール 津波防災 ...
毎日新聞
三重県南部沖合で大きな津波を観測しました」。2016年4月12日、太平洋に面した同県志摩市や鳥羽市で、携帯電話会社の緊急速報「エリアメール」が配信された。
南海トラフ「10年内」6割超 県民防災意識調査 : 地域 : 読売新聞 ...読売新聞

all 5 news articles »

津波!電動アシストの制限解除 避難用「緊急ボタン」案 – 朝日新聞


朝日新聞

津波!電動アシストの制限解除 避難用「緊急ボタン」案
朝日新聞
津波がきた時、電動アシスト自転車の補助制限を一時解除する緊急スイッチがあれば、避難に役立つのでは――。自転車愛好家のアイデアから、具体化を模索する動きが ... 緊急スイッチは、「それぞれに」を意味する東北方言で、津波避難の教訓である「てんでんこ」から名付けた。 現在、電動アシスト自転車 ...