大船渡・商業施設で植樹会 ツバキ、住民出迎え 資生堂と協力 /岩手 – 毎日新聞


大船渡・商業施設で植樹会 ツバキ、住民出迎え 資生堂と協力 /岩手
毎日新聞
大船渡市のJR大船渡駅周辺に4月オープンした商業施設「キャッセン モール&パティオ」で26日、ツバキの植樹会があった。同施設は、東日本大震災後の街づくりの核となる中心市街地にある。市の花のツバキが、新しい玄関口で住民を出迎える。【藤井朋子】. 資生堂ジャパン ...

and more »

国際電気通信連合、総務省との協力により、災害時緊急通信システムとして移動式ICTユニットを導入決定 – 総務省 (プレスリリース)


国際電気通信連合、総務省との協力により、災害時緊急通信システムとして移動式ICTユニットを導入決定
総務省 (プレスリリース)
この度、ITUは、世界の被災地に提供する災害時緊急通信システムとして、従来から提供している衛星通信システムに加え、総務省の協力により、災害時の通信途絶を迅速に応急復旧させることが可能な移動式の通信設備(移動式ICTユニット(MDRU))(※2)を導入することを ...

and more »

被災地の一関市、「地産外商」やネット活用で活性化/東レ経営研究所の佐々木常夫 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

被災地の一関市、「地産外商」やネット活用で活性化/東レ経営研究所の佐々木常夫
エキサイトニュース
私は先日、岩手県一関市を講演で訪れたが、東日本大震災で被災した東北の一つの市の躍動的な活動を知り感銘を受けた。同市が2012年から東京都内で始めた農産物や特産物を全国に売り込む「地産外商」を足場に、幅広い連携が生まれ、活性化の原動力となっている。

and more »

被災地を忘れないで – タウンニュース


タウンニュース

被災地を忘れないで
タウンニュース
震災後発生後から東北でボランティア活動に通っていた梅原雄蔵さん(69)が、今年も土肥のJA支店前で石巻のヒマワリの苗を配った。「被災地を忘れないでほしい」という思いをこめて育てた苗200鉢分で、配布は5回目。 壁には梅原さんが震災直後から撮りためた現地の写真 ...

早大、原発被災地に研究拠点 福島・広野町で開所式 – 日本経済新聞


日本経済新聞

早大、原発被災地に研究拠点 福島・広野町で開所式
日本経済新聞
早稲田大学は25日、東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所事故で被災した福島県広野町に研究拠点を開設した。現地の民間企業や自治体、学校などと連携し、地域社会の復興策をさぐる。設置期間は5年間。早大を中心に約20人の研究員らが、現地を調査する際に ...

命の大切さ、改めて 被災地派遣教員4人、県教育長に帰任報告「一回り成長できた」 /岐阜 – 毎日新聞


毎日新聞

命の大切さ、改めて 被災地派遣教員4人、県教育長に帰任報告「一回り成長できた」 /岐阜
毎日新聞
松川教育長は報告を受け「遠く離れた慣れない地での支援をうれしく思う。熊本県教育長にも感謝された」と労をねぎらった。同時に「東日本大震災の時に派遣した教員を含めると計24人。みなさんたちが県教委の防災リーダーとして活躍してほしい」と期待を寄せた。【岡正勝】 ...

全壊家屋、断層真上に集中 熊本地震被災地で5割超 – 日本経済新聞


全壊家屋、断層真上に集中 熊本地震被災地で5割超
日本経済新聞
昨年4月の熊本地震で被災した熊本県御船町内で、地表に現れた断層の真上に建てられた家屋の全壊率が5割を超え、断層周辺と比べて被害が集中していたとの調査結果を久田嘉章・工学院大教授(地震工学)らがまとめた。調査地の地盤の性質を考慮すると、被害は地震の ...

and more »

生コン供給不足に 防潮堤工事、本格化で 山田地区 /岩手 – 毎日新聞


生コン供給不足に 防潮堤工事、本格化で 山田地区 /岩手
毎日新聞
東日本大震災の復旧・復興工事に伴い、山田地区(山田町)で建設資材の生コンクリートの需要量が今年度前半からピークを迎え、供給可能量を上回る見通しであることが分かった。漁港の防潮堤工事などが本格化するためで、県宮古土木センター(宮古市)は、隣接地域間で ...

消費通じて被災地・熊本支援、商品次々登場 : 最新ニュース : 読売新聞 … – 読売新聞


読売新聞

消費通じて被災地・熊本支援、商品次々登場 : 最新ニュース : 読売新聞 ...
読売新聞
熊本地震の被災地支援に向け、流通業界で売り上げの一部を寄付する商品などが相次いで登場している。先月で地震発生から1年がたったことも踏まえ、身近な消費を通じ ...

and more »

ディップ、大学生ボランティア団体主催の被災地支援企画を昨年に引き続き協賛「第8回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」参加者の活動時間を時給換算し、全額寄付 – PR TIMES (プレスリリース)


PR TIMES (プレスリリース)

ディップ、大学生ボランティア団体主催の被災地支援企画を昨年に引き続き協賛「第8回 大学対校!ゴミ拾い甲子園」参加者の活動時間を時給換算し、全額寄付
PR TIMES (プレスリリース)
ゴミ拾い甲子園」は、主催の株式会社クリエイティブPRに所属する、大学生インターンで構成されるボランティア団体「豪田ヨシオ部」(http://godabu.jp/)が主体となり、「被災地に出向くのは難しいが、東京でも自分たちができる事で力になりたい。」という大学生の想いをダブル ...

2017年(平成29年)5月23日 [火曜日]友引 – 47NEWS


47NEWS

2017年(平成29年)5月23日 [火曜日]友引
47NEWS
光市の市川熙市長が会長を務める「日本の森・滝・渚全国協議会」の取り組みで、同市や宮城県蔵王町など計4市町が50本ずつ、高田松原に植えるクロマツを育てている。光市では同市三井の育苗地で、光市林業研究会のメンバーたちが水やりや除草、植え替えなどの世話を ...

and more »

被災地支援の寄付つきキットカット発売 「岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味」 – ねとらぼ


ねとらぼ

被災地支援の寄付つきキットカット発売 「岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味」
ねとらぼ
昨年夏の台風10号の被災地を支援する寄付つきキットカット「キットカットBigリトル 岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味」が、ネスレ日本から発売されました。 キットカットBigリトル 岩泉ヨーグルトを目指して作ったヨーグルト味. 被災により休業を余儀なくされた岩手県・岩泉 ...

and more »

響け被災地連帯の歌声 宮城・兵庫合同合唱団 – 河北新報


響け被災地連帯の歌声 宮城・兵庫合同合唱団
河北新報
ともに大震災を経験した宮城、兵庫両県の合唱関係者が28日、多賀城市文化センターで合同コンサート「PRAY FROM MIYAGI-宮城からの祈り-」を開く。復興支援への感謝と風化防止の連帯の思いを込めて、この日のために制作した2曲を含む計4曲を演奏。計190人の ...

and more »

出発候補に沖縄と東北被災地、聖火リレー検討委議論 – 日刊スポーツ


出発候補に沖縄と東北被災地、聖火リレー検討委議論
日刊スポーツ
2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレー検討委員会の第4回が23日に都内で行われ、出発地候補として沖縄県と東日本大震災の被災地が挙がり、議論が行われた。国際オリンピック委員会(IOC)の内規で「100日以内」「一筆書き」が原則だが、組織委はIOCに対し8月に ...

and more »