2号機の格納容器下部 – 時事通信


時事通信

2号機の格納容器下部
時事通信
東京電力福島第1原発2号機の原子炉格納容器下部。L字型の棒は燃料集合体の一部とみられる(国際廃炉研究開発機構提供)【時事通信社】. 関連記事. 溶融燃料か、底部に堆積物=2号機で発見、福島第1原発-東電 · つり下げカメラで炉内調査=福島第1、装置公開-東芝など · 2号機内部を再調査へ ...

and more »

福島第一原発2号機に燃料デブリと見られる堆積物 – NHK


毎日新聞

福島第一原発2号機に燃料デブリと見られる堆積物
NHK
福島第一原子力発電所2号機で19日、格納容器の内部調査が行われ、容器の底の付近で核燃料を束ねる部品の一部と小石のような堆積物が見つかり、東京電力は、事故で溶け落ちた核燃料と構造物が混じり合った「燃料デブリ」と見られると発表しました。2号機で燃料デブリと見られる堆積物が確認されるのは初め ...
2号機・格納容器の底部に堆積物 燃料デブリか毎日新聞
福島第一2号機、圧力容器直下に堆積物 溶けた核燃料か - ライブドア ...livedoor
福島第一原発2号機 炉心部分を特殊カメラで調査テレビ朝日
産経ニュース -日刊工業新聞
all 39 news articles »

福島第1原発2号機の調査終了 – 福井新聞


福井新聞

福島第1原発2号機の調査終了
福井新聞
東京電力は、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使った原子炉格納容器内部の調査を19日午後4時半ごろに終了したと明らかにした。 AD. 秒後にスキップして動画に進めます. 広告をスキップ. /. アンケートにご協力ください. アンケートにご協力ください. Q1. レゴリスの「スパイダープラス」の動画広告を ...

and more »

OurPlanet-TV : 中野の自然公園、木の伐採工事始まる – レイバーネット日本


OurPlanet-TV : 中野の自然公園、木の伐採工事始まる
レイバーネット日本
日 時 2018年1月23日(火)18:30~21:00(18:15開場) □場 所 文京シビックセンター26階 スカイホール (東京都文京区春日1-16-21) □資料代 1,000円 ※資料として『原発ゼロ社会への道 2017』を配布。 お持ちの方は無料。 □詳細URL http://www.ccnejapan.com/?p=8300 ...

福島第一原発2号機 炉心部分を特殊カメラで調査 – テレビ朝日


テレビ朝日

福島第一原発2号機 炉心部分を特殊カメラで調査
テレビ朝日
東京電力は福島第一原発2号機の炉心部分の調査を始めました。溶け落ちた核燃料がないか特殊カメラで調べています。 去年に行われた調査では、2号機の原子炉の真下を通る金属製の作業用通路に1メートル四方の穴が空いているのが見つかりました。この穴は核燃料が床を溶かした跡の可能性がありま ...
福島第1原発2号機 デブリ再調査へ 19日に底部の撮影目指す産経ニュース
福島2号機の格納容器を調査 デブリ撮影めざす日本経済新聞
経産相、デブリ取り出しに期待 福島第1原発視察中日新聞
時事通信 -大分合同新聞
all 11 news articles »

超巨大「土木・建築現場」に変貌した福島第1原発に篠山紀信の写真と建設専門誌の解説で迫る異色の書籍「すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>」 2月16 … – SankeiBiz


超巨大「土木・建築現場」に変貌した福島第1原発に篠山紀信の写真と建設専門誌の解説で迫る異色の書籍「すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>」 2月16 ...
SankeiBiz
実は福島第1原発は、毎日6,000人が最新の建築・土木技術を駆使して働く「巨大な建設現場」に変貌を遂げています。約350万m2の広大な敷地で、東京電力を先頭にゼネコン(総合建設会社)や原発メーカーなどが、30~40年後の廃炉完了を目指して様々な作業を進めているのです。 本書では、建設専門誌 ...

and more »

福井・おおい 関電提案で町幹部研修 – しんぶん赤旗


福井・おおい 関電提案で町幹部研修
しんぶん赤旗
同社によると、同様の活動は2011年の東京電力福島第1原発事故後も「定期的にしてきた。詳細は答えられない」としています。ある電力会社の元幹部は「相手に『貸し』をつくる目的で、よく接待していた。福島原発事故後もしているとは驚いた」といいます。 研修直前の昨年9月には、同町の中塚寛町長が「大飯原発3 ...

福島第1原発2号機内部の調査始まる – 沖縄タイムス


福島第1原発2号機内部の調査始まる
沖縄タイムス
東京電力は19日、福島第1原発2号機でカメラ付きのパイプを使った原子炉格納容器内部の調査を始めた。(共同通信). あわせて読みたい. “日本一いろっぽい女子大生”忍野さら、台湾で見せた自己最高の色気… 元に戻す. 「車上荒らしだ」 逃げた米兵を取り押さえたのは… 元に戻す. 翁長知事の支持率 ...

and more »

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択 – まぐまぐニュース!


まぐまぐニュース!

安倍政権vs小泉元首相。国民が迫られる原発ゼロか新設かの選択
まぐまぐニュース!
未だ収束の見通しが立たない福島第一原発事故から7年が経とうとしていますが、この春にも経産省の有識者会議によるエネルギー基本計画の改定案がまとまる見通しです。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんによれば、その狙いは「原発の新設、建て替えを計画 ...
エネルギー基本計画 電源構成の見直し必要だ熊本日日新聞

all 2 news articles »

【寄稿】東海第二原発の再稼働で事故が目前に〜「福島応援プロジェクト … – 岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal


岩上安身責任編集 - IWJ Independent Web Journal

【寄稿】東海第二原発の再稼働で事故が目前に〜「福島応援プロジェクト ...
岩上安身責任編集 - IWJ Independent Web Journal
2011年3月の福島第一原発過酷事故からもうすぐ7年になります。 どこをどうひっくり返しても、経済的に、そして倫理的に不合理な原発は、世界中で見捨てられている発電方法なのに、日本では再稼働され続けています。 イタリアもドイツも脱原発を宣言しましたし、アメリカでも廃炉処理が進んでいます。 元はと言えば、原 ...
埼玉県議会、原発再稼働求める意見書可決 「福島を軽視」抗議拡大 ...河北新報

all 3 news articles »

福島第1原発2号機でデブリ再調査へ 19日に底部の撮影目指す – 産経ニュース


福島第1原発2号機でデブリ再調査へ 19日に底部の撮影目指す
産経ニュース
東京電力福島第1原発の廃炉作業で最大の難関となる溶融核燃料(デブリ)の取り出しに向け、東電は19日、2号機の原子炉格納容器で2度目の内部調査を行う。カメラ付きガイドパイプを投入し、昨年1~2月の前回調査で確認できなかったデブリがあるとみられる底部などの撮影を目指す。ただ、昨年7月に水中撮影に ...
経産相、デブリ取り出しに期待 福島第1原発視察中日新聞
風評被害の観点含め議論=福島第1原発「トリチウム水」処分-世耕経産相時事通信

all 5 news articles »

福島産コメ、全量検査縮小=2~3年後めど-県方針 – 時事通信


デイリースポーツ

福島産コメ、全量検査縮小=2~3年後めど-県方針
時事通信
福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に始めた県産米の放射能検査について、全量全袋検査を縮小する方針を打ち出した。避難指示などが出ていない地域については、2~3年後をめどに取りやめ、サンプル検査に移行する方向で検討する。ただ全量全袋検査の継続を求める声もあり、関係者と調整を急 ...
福島のコメ全量全袋検査縮小へ福井新聞

all 4 news articles »

経産相、デブリ取り出しに期待福島第1原発視察 – 京都新聞


産経ニュース

経産相、デブリ取り出しに期待福島第1原発視察
京都新聞
世耕弘成経済産業相は18日、東京電力福島第1原発福島県)を訪問、廃炉工程の進捗状況を確認した。19日に予定される2号機の原子炉格納容器の再調査に使われるカメラを遠隔操作する部屋を視察。報道陣に対し「デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出しに向け、さらなる状況把握が進むことを期待する」と述べた。 第 ...
風評被害の観点含め議論=福島第1原発「トリチウム水」処分-世耕経産相時事通信
19日に2号機内部を再調査 東電福島第1原発産経ニュース

all 4 news articles »

福島の県産米、全量検査を縮小へ避難指示区域では継続 – 京都新聞


福島の県産米、全量検査を縮小へ避難指示区域では継続
京都新聞
福島県は18日、東京電力福島第1原発事故後に県産米を対象に実施している放射性物質検査「全量全袋検査」を見直し、避難指示が出なかった区域では数年後に「抽出検査」に移行する案を示した。 詳細は今後検討するが、市町村や地域ごとにコメの一部を取り出して検査する。避難指示が出た区域では全量全 ...

and more »

避難民の「心のインフラ」福島災害FM局ゼロへ – 読売新聞


読売新聞

避難民の「心のインフラ」福島災害FM局ゼロへ
読売新聞
東京電力福島第一原発事故の被災者に生活情報を伝えてきた災害FM局「おだがいさまFM」(福島県富岡町)、「南相馬ひばりエフエム」(同県南相馬市)が、3月末で閉局する。 全国に避難した住民同士をつなぐ「心のインフラ」として最大6局あった福島県内の災害FM局は、これですべてなくなる。閉局まで2か月 ...

and more »