浜岡建設受け入れ50年 原発マネー依存今も – 中日新聞


中日新聞

浜岡建設受け入れ50年 原発マネー依存今も
中日新聞
旧浜岡町(御前崎市)が中部電力浜岡原発の建設を受け入れてから二十八日で五十年を迎える。地元は事故やトラブルと向き合いながら、原発が落とす交付金などに頼ってまちづくりを進めてきた。しかし、二〇一一年三月の福島第一原発事故以降、南海トラフ巨大地震の想定 ...

中国の原発技術、先進国に続々輸出へ―中国メディア – Record China


Record China

中国の原発技術、先進国に続々輸出へ―中国メディア
Record China
日本の福島原発事故の痛ましい経験により、人々は原発の安全性と周辺環境への影響に注目している。ヒンクリーポイントCという大型原発プロジェクトは、英国の審査・承認の過程において、安全面の許可を取得し、さらに英国環境保護部門による一連の環境アセスメントと認証 ...

and more »

「最近自殺考えた」 原発事故、茨城への避難者2割が回答 – 日本経済新聞


「最近自殺考えた」 原発事故、茨城への避難者2割が回答
日本経済新聞
2011年の東京電力福島第1原子力発電所事故で福島県から隣接する茨城県に避難した人を対象に昨年末に実施したアンケートで、2割が「最近自殺したいと思ったことがある」と回答したとの結果を、筑波大や茨城県、避難者支援団体「ふうあいねっと」などのチームが24日まで ...

and more »

福島でバス運転手不足が深刻化 高賃金の復興事業へ流出 – 朝日新聞


朝日新聞

福島でバス運転手不足が深刻化 高賃金の復興事業へ流出
朝日新聞
福島県内でバス会社の運転手不足が深刻になっている。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故による避難や高齢化などによる運転手の減少に加え、復興事業への人材流出が追い打ちをかける。被災地域では交通網の整備が帰還政策の重要な柱だけに、運転手の確保が ...

原発事故後の子どもの甲状腺がん 電話相談に不安の声 – NHK


原発事故後の子どもの甲状腺がん 電話相談に不安の声
NHK
東京電力福島第一原発の事故の後、甲状腺がんと診断された子どもの支援を行っている民間の基金による医師の無料の電話相談が行われ、がんが発症しないか不安を訴える相談などが寄せられています。 続きを読む. 電話相談を行っているのは、民間の基金「3・11甲状腺が ...

原発事故、街の消防団は 来月1日、港区で上映 福島の実話をアニメに /大阪 – 毎日新聞


原発事故、街の消防団は 来月1日、港区で上映 福島の実話をアニメに /大阪
毎日新聞
東日本大震災で救援を求める命があることを知りながら、福島第1原発事故の影響で活動を中断し避難せざるをえなかった福島県の浪江町消防団の実話を基にしたアニメーション映画「浪江消防団物語・無念」の自主上映が10月1日午後、大阪市港区弁天1の弁天町ORC200 ...

原発事故 被災者の心の傷深く 茨城に避難の2割「最近自殺考えた」 – 東京新聞


原発事故 被災者の心の傷深く 茨城に避難の2割「最近自殺考えた」
東京新聞
二〇一一年の東京電力福島第一原発事故で福島県から隣接する茨城県に避難した人を対象に昨年末に実施したアンケートで、二割が「最近自殺したいと思ったことがある」と回答したとの結果を筑波大や茨城県、避難者支援団体「ふうあいねっと」などのチームがまとめた。

and more »

総選挙は原発ゼロに王手かけるチャンス 元総理 – エコノミックニュース (プレスリリース)


総選挙は原発ゼロに王手かけるチャンス 元総理
エコノミックニュース (プレスリリース)
東電福島第一原発事故以来、原発ゼロ社会を訴え、講演活動などを続けている菅元総理はブログで「福島原発事故から6年半たった現在、事故当時54基あった日本の原発のうち稼働しているのはわずかに5基だけ。この間、安倍政権は原発再稼働を進めようと躍起になってきた ...

総選挙は原発ゼロに王手かけるチャンス 元総理 – エキサイトニュース – エキサイトニュース


総選挙は原発ゼロに王手かけるチャンス 元総理 - エキサイトニュース
エキサイトニュース
菅直人元総理が総選挙に出馬表明。23日までのブログで「安倍総理を退陣に追い込み、原発ゼロに王手をかけるため、総選挙に立候補する決意を固めた」と書き込んだ。

and more »

原発避難者2割、最近自殺考えた – ロイター


原発避難者2割、最近自殺考えた
ロイター
2011年の東京電力福島第1原発事故で福島県から隣接する茨城県に避難した人を対象に昨年末に実施したアンケートで、2割が「最近自殺したいと思ったことがある」と回答したとの結果を筑波大や茨城県、避難者支援団体「ふうあいねっと」などのチームが23日、まとめた。

and more »

原発避難者2割、最近自殺考えた 茨城、4割にPTSD – 沖縄タイムス


原発避難者2割、最近自殺考えた 茨城、4割にPTSD
沖縄タイムス
2011年の東京電力福島第1原発事故で福島県から隣接する茨城県に避難した人を対象に昨年末に実施したアンケートで、2割が「最近自殺したいと思ったことがある」と回答したとの結果を筑波大や茨城県、避難者支援団体「ふうあいねっと」などのチームが23日、まとめた。

and more »

福島第1原発を長岡市長視察へ 市安全対策に反映 – 日本経済新聞


福島第1原発を長岡市長視察へ 市安全対策に反映
日本経済新聞
長岡市の磯田達伸市長は27日、東京電力ホールディングス(HD)の福島第1原子力発電所を視察する。同原発の従業員から事故当時の様子や廃炉作業を聞いたり、周辺地域の被災状況を直接見たりして、市の安全対策に生かす。 同原発の地震・津波対策などについて東電 ...

福島原発告訴団が都内で集会 – ロイター


ロイター

福島原発告訴団が都内で集会
ロイター
津波対策を怠り福島第1原発事故を防げなかったとして、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人の裁判に関し、福島原発告訴団と支援団は2日、東京都内で集会を開き、「公判によって今まで隠されていた事実が明らかになる」と ...

「こんなことでは終われない」87歳男性 今後も闘い続ける姿勢 – 産経ニュース


「こんなことでは終われない」87歳男性 今後も闘い続ける姿勢
産経ニュース
国のために亡くなった父や兄と同様に、事故前は地域の発展のために、国や東電が「絶対安全安心」として推進する原発を「信じてきた」と話す。 だが、絶対安全安心だったはずの福島第1原発で事故が起き、先祖から受け継ぎ、自身も発展のために尽くした故郷を離れることを ...

and more »

福島県と東電がADR初和解へ 人件費など7億円超 – 河北新報


福島県と東電がADR初和解へ 人件費など7億円超
河北新報
福島県は22日、東京電力福島第1原発事故に伴う損害賠償請求の和解仲介手続き(ADR)で、2011年度分の人件費など7億2783万円を東電が県に支払う和解案を受け入れる方針を示した。同日の県議会9月定例会に関連議案を提出した。県が東電とのADRで和解するの ...