かつては西洋医学も拒否…坂本龍一を変えた「がんと震災」 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

かつては西洋医学も拒否…坂本龍一を変えた「がんと震災」
エキサイトニュース
... 「僕は、以前から環境問題に強い関心があったから、ほかの人より自然のことはわかっているという自負が多少あったんです。でも、3.11の巨大な地震と津波が起こったことで、自然の力がこれほど大きいことを知らなかった、と強いショックを受けました。人間の文明は自然の力 ...
公開中映画が話題、坂本龍一指摘する「ナショナリズムの危険」女性自身

all 2 news articles »

福島 Jヴィレッジ付近に新駅構想、その目的は? 原発事故からの復旧受けJR常磐線に – ニコニコニュース


ニコニコニュース

福島 Jヴィレッジ付近に新駅構想、その目的は? 原発事故からの復旧受けJR常磐線に
ニコニコニュース
Jヴィレッジは東京電力などの出資で建設、運営されていた施設です。2011(平成23)年3月に発生した福島第一原子力発電所事故ののちは、その収束に向けた作業のための拠点として活用され、一時は東京電力福島復興本社も置かれていました。原発事故後、楢葉町、広野町 ...

and more »

欧州全土を覆った放射能の雲 発生源はロシア 仏研究所が指摘 – ハザードラボ


ハザードラボ

欧州全土を覆った放射能の雲 発生源はロシア 仏研究所が指摘
ハザードラボ
ルテニウム106は、東京電力福島原発事故でも放出された放射性物質で、セシウム137やストロンチウムに比べると半減期は短く、約1年余り。フランス放射線防護原子力安全研究所は今月9日、「すでにヨーロッパ全土では大気中の放射性物質は検出されなくなり、健康や環境に ...

and more »

大飯原発「対策は確保」 福井県専門委、知事に報告 – 中日新聞


千葉日報

大飯原発「対策は確保」 福井県専門委、知事に報告
中日新聞
報告書はA4判48ページで、福島第一原発事故を踏まえた新規制基準に基づく対策が取られていることや、県専門委が独自に求めた予備電源の確保などを確認したことなどを記載した。 県専門委はこれまで、新基準施行前の2012年に政治判断で2基が再稼働した際や、既に ...
大飯原発は「安全性確保」と報告福島民報

all 10 news articles »

千葉県知事 台湾に出発 輸入規制解除の協議へ – NHK


千葉県知事 台湾に出発 輸入規制解除の協議へ
NHK
東京電力福島第一原発の事故のあと台湾が続けている千葉県などの食品に対する輸入規制をめぐって、千葉県の森田知事は、解除に向けた取り組みを協議するため、22日朝、台湾に向けて成田空港を出発しました。 続きを読む. 千葉県の森田知事は、県が交流協定を結ぶ ...

福島発!ホンシメジ独自品種開発 空調使わずハウス栽培 愛称募集中 – 河北新報


河北新報

福島発!ホンシメジ独自品種開発 空調使わずハウス栽培 愛称募集中
河北新報
福島県はキノコ「ホンシメジ」の独自品種「福島H106号」を開発した。空調施設を使わずに栽培できる国内初の品種。東京電力福島第1原発事故で全町避難する大熊町など県内4地区の生産者が本年度からモデル的に生産、出荷する。 ホンシメジは傘表面が銀白色、軸が白色 ...

<原発自主避難者>請求棄却求める 立ち退き訴訟第1回弁論 – 河北新報


原発自主避難者>請求棄却求める 立ち退き訴訟第1回弁論
河北新報
山形県米沢市の雇用促進住宅を管理する「高齢・障害・求職者雇用支援機構」が、東京電力福島第1原発事故後に入居した自主避難者8世帯に住宅の明け渡しと家賃の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が21日、山形地裁であり、避難者側は請求棄却を求めた。 避難者側 ...

3号機の原子炉建屋最上階を公開 – 毎日新聞


毎日新聞

3号機の原子炉建屋最上階を公開
毎日新聞
公開された東京電力福島第1原発3号機原子炉建屋の最上階。燃料が保管されているプール(左下)そばの空間放射線量は毎時700マイクロシーベルトだった=福島県大熊町で2017年11月21日午後2時28分、曽根田和久撮影 ...
3号機建屋上部にクレーン 福島第一原発燃料取り出し | 東日本大震災 ...福島民報
福島第1原発、3号機建屋上部を公開=プール燃料搬出へ準備:時事 ...時事通信
福島、核燃料取り出しへ準備進む 第1原発3号機を公開上毛新聞ニュース
日刊工業新聞 -BIGLOBEニュース
all 15 news articles »

東海第二原発 運転期間延長の方針を地元に報告 – NHK


毎日新聞

東海第二原発 運転期間延長の方針を地元に報告
NHK
東海第二原発の運転期間の延長申請について茨城県の大井川知事は「国の審査とともに県独自の審査も合わせて行うことで、東海第二原発の安全性を確認する基準の1つになっていくと思うので日本原電にはしっかり協力してもらいたい。また、自治体や県民からの理解を得 ...
東海第二原発の運転延長、規制委に申請へTBS News
東海第2原発、20年延長へ 社長が申請方針表明毎日新聞
東海第2原発の延長申請へ 原電、福島第1と同型で初 :日本経済新聞日本経済新聞
上毛新聞ニュース -時事通信 -産経ニュース
all 27 news articles »

<丸森再耕 原発事故を超えて>循環社会 太陽光で問う – 河北新報


河北新報

<丸森再耕 原発事故を超えて>循環社会 太陽光で問う
河北新報
事業展開に思いを巡らすひっぽ電力の目黒社長(右から2人目)たち。再生エネを通じて地域の復興を願う. 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染で、宮城県丸森町の基幹産業である農業は深刻な風評被害を受けた。舟下りなどが人気を集めていた観光への打撃も大きい ...

and more »

日本原電 東海第二原発の運転延長申請へ – NHK


エキサイトニュース

日本原電 東海第二原発の運転延長申請へ
NHK
日本原電は、21日、この方針を地元の茨城県や東海村に説明して理解を求めたうえで、原子力規制委員会に近く正式に申請することにしています。東海第二原発の運転期間の延長が申請されれば、福島第一原発と同じ「沸騰水型」と呼ばれるタイプの原発では初めてとなります ...
東海第二延長 24日申請 原電が県に方針伝達東京新聞
東海第二原発の運転延長、規制委に申請へエキサイトニュース
東海第2原発、20年延長へ 社長が申請方針表明毎日新聞
上毛新聞ニュース -時事通信
all 34 news articles »

原発事故の現状学び復興支援 「スタディーツアー」で学生ら福島・飯舘村を訪問 – 産経ニュース


原発事故の現状学び復興支援 「スタディーツアー」で学生ら福島・飯舘村を訪問
産経ニュース
東京電力福島第1原発事故による避難指示が、3月末に帰還困難区域を除く大部分で解除された福島県飯舘村を「スタディーツアー」として、大学生や留学生が訪れている。現地に足を運んで、原発事故の現状や復興の状況を学ぶと同時に、研究内容を生かして復興にも寄与 ...

and more »

6年5カ月ぶり再開 原発事故で休業 川俣の山木屋郵便局 – 福島民報


福島民報

6年5カ月ぶり再開 原発事故で休業 川俣の山木屋郵便局
福島民報
山田清貴副町長、横山忠弘復興庁福島復興局長が祝辞を述べ、高島貞邦県北部地区連絡会統括局長(大玉郵便局長)があいさつした。山木屋郵便局の佐藤広信局長が「皆さまの期待に応えられるよう精進します」と謝辞を述べた。関係者がテープカットで再開を祝った。
「山木屋郵便局」6年5カ月ぶり再開 住民ら笑顔、窓口に列福島民友

all 2 news articles »

3号機建屋上部にクレーン 福島第一原発燃料取り出し – 福島民報


3号機建屋上部にクレーン 福島第一原発燃料取り出し
福島民報
東京電力は20日、福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出しに向け、燃料が入った輸送容器をプール外に搬出するクレーンを原子炉建屋上部に取り付けた。2018(平成30)年度半ばにも燃料取り出しに着手する。 クレーンは重さ約90トン、長さ約17 ...

Jヴィレッジの改修工事進む – 読売新聞


読売新聞

Jヴィレッジの改修工事進む
読売新聞
東京電力福島第一原発事故後に復旧・廃炉作業などの拠点となり、2019年4月までに全面再開するサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉町、広野町)が、報道陣に公開された。 原発事故後、Jヴィレッジは、廃炉作業に取り組む東電社員らの寮や作業車両の駐車場などとされてきた。
Jヴィレッジ整備進む 復旧工事、報道陣に公開福島民報
<Jヴィレッジ>「聖地」復活へ着々 19年全面再開へ工事続く河北新報

all 3 news articles »