決壊のダム湖底から全国株分け 奇跡のあじさい、福島戻る – 毎日新聞


毎日新聞

決壊のダム湖底から全国株分け 奇跡のあじさい、福島戻る
毎日新聞
東日本大震災で決壊し、下流域の8人が犠牲になった藤沼ダム(福島県須賀川市)のほとりにある藤沼湖自然公園で25日、アジサイの植樹祭が開かれた。苗木は、震災から2年後に水の抜けた湖底で見つかり、北海道から沖縄まで各地に株分けされた「奇跡のあじさい」が戻っ ...
「奇跡のあじさい」復興のシンボルに 植樹イベント 福島NHK

all 2 news articles »

大震災後から緑化推進 ボランティア団体が記念総会 – 神戸新聞


神戸新聞

大震災後から緑化推進 ボランティア団体が記念総会
神戸新聞
阪神・淡路大震災を機に兵庫県淡路島で活動する緑化ボランティア団体「ガーデンクラブ バーベナあわじ」の第20回記念総会が25日、淡路市のホテルであった。 「震災の島から花の島へ」を合言葉に1998年結成。島内の花壇を丹精し、新潟県中越地震の仮設住宅でも植栽に ...

震災不明者のDNA、全国の身元不明遺体と照合へ – 朝日新聞


朝日新聞

震災不明者のDNA、全国の身元不明遺体と照合へ
朝日新聞
東日本大震災の行方不明者の特定を進めるため、警察庁は7月にも、宮城、岩手、福島の3県で共有している不明者の情報と、全国で見つかる身元不明遺体との照合を始める。震災から6年が過ぎて特定できるケースが減っており、照合の範囲を広げる。 同庁によると、3県では ...

福島第1原発事故 津波対策「放置」争点 東電旧経営陣3人、30日初公判 – 毎日新聞


福島第1原発事故 津波対策「放置」争点 東電旧経営陣3人、30日初公判
毎日新聞
2011年3月の東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の勝俣恒久元会長(77)ら旧経営陣3人に対する初公判が30日、東京地裁(永渕健一裁判長)で開かれる。3人とも無罪を主張するとみられ、かつてない被害をもたらした原発 ...

and more »

海岸林の再生願い イオン新地でクロマツ植樹 – 福島民報


福島民報

海岸林の再生願い イオン新地でクロマツ植樹
福島民報
東日本大震災. 「福島第一原発事故」アーカイブ. 海岸林の再生願い イオン新地でクロマツ植樹. 成長を願いクロマツを植える参加者. イオンの「イオン心をつなぐプロジェクト」によるクロマツの植樹は24日、新地町の埓浜防災緑地で行われ、参加者は海岸林の再生を願いクロマツ ...

and more »

津波と漁船転覆 気仙沼の民宿2度目の再起 – 毎日新聞


毎日新聞

津波と漁船転覆 気仙沼の民宿2度目の再起
毎日新聞
3月の海難事故で夫や長女ら家族3人を失い、休業していた宮城県気仙沼市唐桑町の民宿「唐桑御殿つなかん」が25日、長女の遺志を継ぎ、3カ月ぶりに営業を再開する。2011年の東日本大震災の津波で全壊した自宅を再建し、営業を始めた民宿は、多くの観光客や ...

and more »

福島第1原発事故 津波対策「怠り」争点 東電旧経営陣、30日初公判 告訴団・海渡雄一弁護士に聞く – 毎日新聞


福島第1原発事故 津波対策「怠り」争点 東電旧経営陣、30日初公判 告訴団・海渡雄一弁護士に聞く
毎日新聞
検察審査会の起訴議決は、東電が推本の長期評価に基づいて想定津波を15・7メートルと試算し防潮堤の高さを計算するなど津波対策の検討を重ねていたのに、経営陣が待ったをかけて「先送り」したと明らかにした。試算を「念のため」の数字だとして重要視しなかった政府の ...

and more »

外国人客に未知の激震 ニッポンの震度7 体験型防災施設 – 東京新聞


東京新聞

外国人客に未知の激震 ニッポンの震度7 体験型防災施設
東京新聞
地震の激しい揺れを再現して来訪者に体験してもらい、災害への心構えを学ぶ各地の体験型防災施設が、訪日外国人観光客の人気を集めている。海外にこうした施設は少なく、「地震大国・日本」ならではの体験という物珍しさもあって、インターネット上で話題が拡散。外国人客 ...

釜石の追悼公園、議論紛糾 震災遺族が合意撤回 – 日本経済新聞


日本経済新聞

釜石の追悼公園、議論紛糾 震災遺族が合意撤回
日本経済新聞
東日本大震災で少なくとも162人が犠牲になった岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターの跡地に整備する追悼公園を巡り議論が紛糾している。一度はデザイン案がまとまったが、「慰霊される側の視点が足りない」と一部の遺族が反発。基本方針を協議する委員会も、統一案を ...

決壊ダム底で生きた株育て、「奇跡のあじさい」植樹 全国に栽培の輪、あす須賀川で1000人集う /福島 – 毎日新聞


決壊ダム底で生きた株育て、「奇跡のあじさい」植樹 全国に栽培の輪、あす須賀川で1000人集う /福島
毎日新聞
東日本大震災で決壊し、下流域の8人が犠牲になった須賀川市の藤沼ダムで25日、アジサイの植樹祭が開かれる。震災後、地元住民が水の抜けたダムの底で見つけたヤマアジサイは「奇跡のあじさい」と名付けられ、株分けして全国に栽培の輪が広がった。当日は北海道から ...

猪苗代・磐梯山牧場再開、6年ぶり放牧 セシウム許容値下回り 草はむ牛に、ほっと… /福島 – 毎日新聞


毎日新聞

猪苗代・磐梯山牧場再開、6年ぶり放牧 セシウム許容値下回り 草はむ牛に、ほっと… /福島
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故で牧草から放射性物質が検出され、使用を休止していた猪苗代町長田の町営磐梯山牧場で23日、6年ぶりに牛の放牧が再開された。町が除染を進め、牧草の放射性セシウム濃度が肉用牛向け飼料の暫定許容値(1キロ当たり100ベクレル)を下回っ ...

and more »

子ども3人亡くした木工作家指導 石巻・渡波小の児童がベンチ卒業制作 夢や願い書き込む /宮城 – 毎日新聞


子ども3人亡くした木工作家指導 石巻・渡波小の児童がベンチ卒業制作 夢や願い書き込む /宮城
毎日新聞
東日本大震災で被災した石巻市立渡波小学校6年の児童29人が23日、大阪市の企業から復興支援として贈られた木材を使い、来春の卒業に合わせてベンチを作った。同小が母校だった3人の子どもを亡くした木工作家の遠藤伸一さん(48)の指導を受けながら、児童たちは ...

and more »

震災孤児に寄付の土地、1694万円で落札 3県に均等分配へ /岩手 – 毎日新聞


震災孤児に寄付の土地、1694万円で落札 3県に均等分配へ /岩手
毎日新聞
東日本大震災で親を亡くした孤児の支援のために使ってほしい」との遺言に基づき、岩手、宮城、福島の被災3県に寄付された土地の一般競争入札がこのほど行われ、大阪市内の女性が1694万円で落札したことが23日分かった。売却代金は3県で均等に配分することになって ...

いちご団地で地盤沈下 修繕めぐり町と農家対立 – 河北新報


河北新報

いちご団地で地盤沈下 修繕めぐり町と農家対立
河北新報
亘理町が東日本大震災復興事業として整備した浜吉田いちご団地(59戸)の一部で地盤沈下が発生し、少なくとも5戸のハウス5棟で、引き戸のレールがゆがむなど不具合が出ていることが23日分かった。町は、整備時にハウス利用者の負担がなく、最終的に個人の財産になる ...

福島第1原発事故 廃炉へ、きょう止水試験 東芝など – 毎日新聞


福島第1原発事故 廃炉へ、きょう止水試験 東芝など
毎日新聞
国際廃炉研究開発機構と東芝は23日、福島県楢葉町の実験施設で、東京電力福島第1原発の廃炉に向け、原子炉格納容器の水漏れを止める試験の準備状況を公開した。国などは、事故で溶け落ちた核燃料(溶融燃料)を取り出すため、水で格納容器を満たせるか検討して ...

and more »