東日本大震災6年半/2 津波から母救えず 一時帰宅、地区で1人 – 毎日新聞


毎日新聞

東日本大震災6年半/2 津波から母救えず 一時帰宅、地区で1人
毎日新聞
東日本大震災の10年前に他界した父は、先祖の墓に眠っていた。 自宅の隣には地元の人が「八幡様」と呼んだ神社があった。初詣や盆踊り。夏休みには宿題を持ち寄り、上級生が教えてくれる寺子屋のような場所だった。そのすべてを津波が押し流した。 震災直後から始まった ...

復興応援なのに…今年も福島県外し グリーンコープ連合 – 福島民友


福島民友

復興応援なのに...今年も福島県外し グリーンコープ連合
福島民友
九州や中国地方など西日本の14生活協同組合でつくるグリーンコープ連合(本部・福岡市)がホームページに掲載している東日本大震災の復興応援企画に、被災3県のうち福島県の商品のみが掲載されていないことが23日までに、分かった。 同連合は昨年、震災復興企画の ...

東日本大震災6年半/1 暮らし元に戻らない 避難後、涙あふれ「封印」 – 毎日新聞


毎日新聞

東日本大震災6年半/1 暮らし元に戻らない 避難後、涙あふれ「封印」
毎日新聞
みんなで出かけたイベントでも「故郷」が流れた。67歳の女性は住み慣れた土地に帰れない悔しさがこみ上げ、東日本大震災のあと、初めて泣いた。「私たちのために歌ってくださるのはわかる。でも、思いを受け止められない」。カフェでは「故郷」を封印しようと決めた。 この春、柴 ...

「震災を機に相互理解増進」高瀬寧・駐メキシコ大使 – 産経ニュース


震災を機に相互理解増進」高瀬寧・駐メキシコ大使
産経ニュース
高瀬寧(やすし)駐メキシコ大使に今後の日本とメキシコの関係について聞いた。 --メキシコ中部の地震で、日本の国際緊急援助隊が21日に到着した. 「早い段階で到着し、メキシコの方も高く評価してくれていると思う。東日本大震災のときにはメキシコから援助隊が来てくれた ...

and more »

愛梨ちゃんの花、古里に 津波犠牲者思い母ら植栽 宮城・石巻の復興祈念公園 – 産経ニュース


愛梨ちゃんの花、古里に 津波犠牲者思い母ら植栽 宮城・石巻の復興祈念公園
産経ニュース
東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市の幼稚園児佐藤愛梨ちゃん=当時(6)=の母美香さん(42)らが23日、同市で整備中の復興祈念公園内に、愛梨ちゃんが亡くなった現場で咲いていたフランス菊の苗を植えた。 このフランス菊は、支援者で芸術家の菅原淳一 ...

and more »

釜石港、復興支援のクレーン稼働 大阪府が無償譲渡 – 神戸新聞


神戸新聞

釜石港、復興支援のクレーン稼働 大阪府が無償譲渡
神戸新聞
東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた岩手県釜石市の釜石港で23日、コンテナ積み降ろし用の大型クレーンが稼働を開始した。港の機能を強化し、復興を後押ししようと、大阪府が岩手県に無償譲渡した。 「ガントリークレーン」と呼ばれ、高さ約55メートル、重さ約550 ...

and more »

福島第1原発事故 甲状腺がんの子どもら支援、あす無料電話相談 NPO基金顧問の医師4人対応 /神奈川 – 毎日新聞


福島第1原発事故 甲状腺がんの子どもら支援、あす無料電話相談 NPO基金顧問の医師4人対応 /神奈川
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断された子どもらを支援しているNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京、崎山比早子代表理事)は24日、医師による無料電話相談を受け付ける。同基金は神奈川県を含む東日本の1都15県のエリアを対象に療養 ...

福島第1原発事故 甲状腺がん、あす電話相談 医師4人が無料対応 /千葉 – 毎日新聞


福島第1原発事故 甲状腺がん、あす電話相談 医師4人が無料対応 /千葉
毎日新聞
東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断された子どもらを支援しているNPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京、崎山比早子代表理事)は24日、医師による無料電話相談を受け付ける。同基金は千葉県を含む東日本の1都15県のエリアを対象に療養費 ...

風評の現場【集荷業者】値引き 苦渋の決断 – 福島民報


福島民報

風評の現場【集荷業者】値引き 苦渋の決断
福島民報
東日本大震災. 「福島第一原発事故」アーカイブ. ツイート. 風評の現場【集荷業者】値引き 苦渋の決断. 県中地区で営業する集荷業者の現在の倉庫内。原発事故発生後は在庫であふれた。 県産米への風評に苦しんでいるのは生産農家ばかりでない。農家からコメを買い取る集荷 ...

and more »

東日本大震災での「パニック売り」が投資観を変えた – MONEY PLUS


MONEY PLUS

東日本大震災での「パニック売り」が投資観を変えた
MONEY PLUS
今や個人投資家の有力な情報源であり、「お手本」として強い影響力を持つ投資ブロガー。では、彼ら自身はどのように投資を学び、成功を収めてきたのでしょうか。 「打倒!金持ち父さん 戦略的金持ちへの道」を運営する人気ブロガー「おっさん」氏に、投資を始めたきっかけや現在 ...

暮らしの痕跡、震災遺構に 仙台、住宅基礎を保存 – 産経ニュース


産経ニュース

暮らしの痕跡、震災遺構に 仙台、住宅基礎を保存
産経ニュース
東日本大震災で大きな被害に遭った仙台市は、津波で流失した住宅の基礎を震災遺構として保存する。2019年度からの一般公開を目指しており、市は「震災前に800世帯近くが暮らしていた生活の跡を感じてもらい、震災の記憶の風化防止に役立ててほしい」と話している。

and more »

福島第1原発事故 避難訴訟 淡路剛久・立教大名誉教授の話 – 毎日新聞


福島第1原発事故 避難訴訟 淡路剛久・立教大名誉教授の話
毎日新聞
国の賠償責任や東電の重大な過失を否定したが、事故のリスクを軽視していないか。国の規制機関も電力事業者も、資金や人材には限界があるという経済的な制約論に立ってしまった。ただ、「ふるさと喪失慰謝料」を算定するなど、国の中間指針に縛られず賠償額を判断。

福島第1原発事故 避難訴訟 原告「前に進めぬ判決」 国の責任退けられ – 毎日新聞


毎日新聞

福島第1原発事故 避難訴訟 原告「前に進めぬ判決」 国の責任退けられ
毎日新聞
震災から6年半の苦労を分かってほしかった」。原告の一人で、福島県南相馬市鹿島区から千葉市に避難し、生活してきた菅野美貴子さん(62)は判決後、目を赤くして声を震わせた。 提訴から4年あまり。周囲から補償金額を聞かれることを避けるため、避難生活を送っている ...
「福島ナンバーの自家用車に『被爆車』と書かれた」「いわきを返して」 第2陣の訴訟で意見陳述産経ニュース

all 70 news articles »

山川出版、書籍で震災発生「2012年」と誤記 – 読売新聞


山川出版、書籍で震災発生「2012年」と誤記
読売新聞
同社によると、巻末の「現代世界と日本」のページで「2012(平成24)年の東日本大震災の際には、原子力発電施設の深刻な事故も発生している」と誤記していた。 同書は、同社の歴史教科書などを元にした「もういちど読む」シリーズの一つ。約40万部のヒット作となった「もう ...

and more »

震災で業態転換 火加減、味付け、パッケージ…水産加工技術を武器にバームクーヘンに進出 宮城・南三陸町の水産卸会社 – 産経ニュース


震災で業態転換 火加減、味付け、パッケージ…水産加工技術を武器にバームクーヘンに進出 宮城・南三陸町の水産卸会社
産経ニュース
昭和49年に創業し、水産卸売業者として順調に成長していたが、東日本大震災の津波で5つあった工場のうち4つを失った。商品を買い付けていた地元の漁業者にも大きな被害があり、大幅な業態の転換が迫られた。たどり付いたのが鮮魚などを加工し、付加価値を高めるという ...