熊本)「もし自分が なら」 復興考える「妄想会議」 – 朝日新聞社


朝日新聞社

熊本)「もし自分が なら」 復興考える「妄想会議」
朝日新聞社
もし、別の誰かと突然入れ替わったら、復興のために何をする? そんな「妄想」をめぐらせながら、復興やまちづくりのためにできることを話し合う「妄想会議―君の名は。編―」が16日、熊本市内で開かれた。約35人が参加し、自分の本来の職業や属性とは違う立場から、どんなことを試してみたいか様々な意見を披露した ...

and more »

福島)津波で被災した松川浦の市道が7年ぶりに再開通 – 朝日新聞社


朝日新聞社

福島)津波で被災した松川浦の市道が7年ぶりに再開通
朝日新聞社
東日本大震災の津波で大きな被害を受けた相馬市の市道大洲(おおす)松川線の復旧工事が完成し、21日、7年ぶりに通行が開始された。太平洋と潟湖(せきこ)の松川浦を仕切る海岸堤防にあり、松川浦の南北を結ぶ。海岸を走る道路の復旧で、住民の利便性向上と観光客の誘致が期待される。 工事区間は約 ...

and more »

熊本地震に「空飛ぶNICU」(その1) 赤ちゃんの命つなぐ – 毎日新聞


熊本地震に「空飛ぶNICU」(その1) 赤ちゃんの命つなぐ
毎日新聞
2016年4月16日未明に最大震度7を記録した熊本地震本震が襲うまで、300人を超える患者が入っていた。だが地震で倒壊の恐れが生じ、全患者が避難を余儀なくされた。 その中には新生児集中治療室(NICU)の赤ちゃん18人もいた。施設がダメージを受け、自発呼吸や体温維持が難しい重篤な新生児たちを十分 ...

and more »

子供記者が見た 東日本大震災の今 – 大分合同新聞


大分合同新聞

子供記者が見た 東日本大震災の今
大分合同新聞
津波てんでんこ」。大地震が起きたらとにかく高台に逃げろ―過去に何度も津波に襲われてきた東北地方の三陸沿岸で、教訓として語り継がれてきたはずだった。 宮城県名取市の沿岸部、閖上(ゆりあげ)地区で生まれ育った語り部の長沼俊幸さん(55)は「1978(昭和53)年の宮城県沖地震でも津波は来なかった ...

and more »

支援者たたえ 研究会が子孫に感謝状 – 毎日新聞


支援者たたえ 研究会が子孫に感謝状
毎日新聞
江戸時代に日本初の実測地図を作った伊能忠敬(1745~1818年)の活動を支えた人たちの功績をたたえようと、伊能忠敬研究会は21日、東京都千代田区の学士会館で、「伊能測量協力者顕彰大会」を開いた。全国から、協力者の子孫とその家族など約180人が参加。同研究会が先祖宛ての「功績感謝状」を子 ...

and more »

日本原電支援は丁寧に説明を – 日本経済新聞


日本原電支援は丁寧に説明を
日本経済新聞
東電HDと東北電は支援の理由を丁寧に説明することが必要だ。そのうえで、東海第2原発の再稼働に向けた手続きや、安全対策工事の進み具合に、厳しく目配りしていかなければならない。 日本原電は原発でつくった電気を電力会社に売る卸売り専業会社だ。東電HDや東北電、関西電力など電力各社が出資す ...

and more »

日立、社員の保育園探し支援 ベネフィット・ワンと – 日本経済新聞


日立、社員の保育園探し支援 ベネフィット・ワンと
日本経済新聞
待機児童問題の深刻化を受けて、日立製作所は社員の保育園探しを支援するシステムを導入する。福利厚生代行のベネフィット・ワンと提携する。全国の保育園から社員が希望する条件に合う保育園リストを作成し、入園選考の仕組みを解説。入園できるまで会社がバックアップし、育児中の社員の復職を支援する。 9月 ...

and more »

観光地復興の現状知って 南阿蘇村でバスツアー – 熊本日日新聞


熊本日日新聞

観光地復興の現状知って 南阿蘇村でバスツアー
熊本日日新聞
南阿蘇村の観光業者などでつくる「観光復興プロジェクト交流協議会」は21日、熊本地震で被災した同村の観光施設などの復旧・復興の状況を知ってもらおうとバスツアーを開催した。県内外から約160人が参加した...​. 続きを読む. 熊本のニュース記事一覧. 「天草四郎ミュージアム」オープン 上天草市. 熊本 ...

首都圏でマグニチュード5.1の地震 – Sputnik 日本


首都圏でマグニチュード5.1の地震
Sputnik 日本
首都圏でマグニチュード5.1の地震. 日本. 2018年04月21日 19:12 (アップデート 2018年04月21日 20:17) 短縮 URL. 243. マグニチュード5.1の地震が21日、千葉県東方沖で起きた。津波の心配はない。気象庁が発表した。 スプートニク日本. 震源地は千葉県東方沖の太平洋上。震源の深さは30キロ ...

世界中の地震に呼応するランプ – TABI LABO


TABI LABO

世界中の地震に呼応するランプ
TABI LABO
その名も「Earthquake Lamp」。 世界中で起こる地震に反応し、光を放つという。 地震の規模、揺れの強さで光と音が変化. 5693453543407616. IRIS(大学間地震学研究所連合)が持つデータとリンクしており、発生からたった数分遅れで反応。 光と音は、地震の起きた位置や揺れの大きさ、長さによって変化する。大きな ...

and more »

震度=気象庁発表(21日18時52分) :地震(小規模) – 岩手日報


毎日新聞

震度=気象庁発表(21日18時52分) :地震(小規模)
岩手日報
21日午後6時47分ごろ地震がありました。 気象庁によると、震源地は千葉県東方沖北緯35.6度、東経141.2度で、震源の深さは約30キロ。 地震の規模はマグニチュード(M)5.1と推定される。 各地の震度は次の通り。 震度3=神栖溝口、神栖波崎(茨城)銚子、銚子若宮、旭南堀之内、旭高生、旭萩園、香取羽根 ...
地震予測システム導入毎日新聞
長野県南部でM2.6の地震 木曽町で震度2ハザードラボ
恐怖のカウントダウン! 島根県震度5強は「南海トラフ巨大地震」の前兆かニフティニュース

all 53 news articles »

南阿蘇観光復興バスツアー – テレビ熊本


テレビ熊本

南阿蘇観光復興バスツアー
テレビ熊本
九州森林管理局は4月15日から5月14日までを、自然に親しみ豊かな心を育む「みどりの月間」としてさまざまな催しを行っています。21日は約2000本の樹木や四季折々の草花を見ることができる熊本城内の監物台樹木園が無料開園となりました。今が見ごろのツツジは赤や白・ピンクと様々な色合いを見せ訪れた人たち ...

and more »

避難所マニュアルを公開 被災経験反映し作成 益城町 /熊本 – 毎日新聞


避難所マニュアルを公開 被災経験反映し作成 益城町 /熊本
毎日新聞
2016年4月の熊本地震で震度7の激震に2度見舞われ、住宅の約6割が全半壊した熊本県益城町が、被災経験を反映させた「避難所運営マニュアル」を作成し、町のホームページで公開している。災害時の備えとして、避難者、避難所運営者の双方で参考にできそうだ。 町危機管理課によると、マニュアルは地震 ...

and more »

福岡子ども支援学生連盟:大学生、学びのお手伝い 貧困・孤立の子対象 … – 毎日新聞


福岡子ども支援学生連盟:大学生、学びのお手伝い 貧困・孤立の子対象 ...
毎日新聞
貧困などで学習困難な子どもたちの支援に関わってきた福岡県内の大学生が、学生のボランティア参加を推進するためネットワーク「福岡子ども支援学生連盟(略称・コガクレン)」を結成し活動を本格化させる。経済的困窮や社会的孤立を背景に子どもの支援が全国で進められているが人手不足などが課題。学生が連 ...

and more »

好きっちゃキタキュー:被災地支援つづる学校通信 若松 /福岡 – 毎日新聞 – 毎日新聞


好きっちゃキタキュー:被災地支援つづる学校通信 若松 /福岡 - 毎日新聞
毎日新聞
若松区の市立石峯中学校が取り組む東日本大震災や熊本地震などの被災地支援活動をつづった学校通信10点が、同区二島のイオン若松ショッピングセンター内「ふたじまん」で展示されている。

and more »