摂りすぎは危険!? トランス脂肪酸を含む食品と健康への害 – インフォシーク


摂りすぎは危険!? トランス脂肪酸を含む食品と健康への害
インフォシーク
マーガリンやマヨネーズ、フライドポテトなど、多くの食品に含まれているトランス脂肪酸。日本では特に規制されていませんが、食生活が乱れ気味の人は、自分で過剰摂取にならないよう注意する必要がありそうです ...

お得に節約術(QLD)/処方薬はディスカウント・ショップで! – 日豪プレス


日豪プレス

お得に節約術(QLD)/処方薬はディスカウント・ショップで!
日豪プレス
私は生まれた時からアトピー性皮膚炎を患っています。症状は一進一退ですが、悪化を防ぐための大切な要素の1つは、薬とうまく付き合うことであり、薬が切れないようになるべく早く病院に行くように心掛けています。 今から2年半前、シドニーからゴールドコーストに引っ越しまし ...

43歳のドイツ人主人のダイエット、どうすれば – 読売新聞


43歳のドイツ人主人のダイエット、どうすれば
読売新聞
主人の希望は、お肉、魚は少しならOK,卵、乳製品OK、などの少し菜食主義者です。ちなみに、5年間は全くお肉を食べていませんでした。ひどいアトピーの持ち主です。このようなドイツ人男性を料理面でサポートするのに、この本がよいよとか、気を付けられることなど、どこか ...

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説 – マイナビニュース


目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説
マイナビニュース
我慢できないほどのかゆさが特徴である皮膚疾患・アトピー性皮膚炎。顔に炎症ができると眼球にもかゆみを覚えるため、かいたりこすったりしているうちに眼球が傷つき、何らかの疾患を併発する可能性も少なくない。ただ、かゆみを放置しておけば、日常生活に多大な影響が出て ...

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説 … – マイナビニュース


マイナビニュース

目の周りのアトピーは危険! 注意すべき合併症や治療法を眼科医が解説 ...
マイナビニュース
我慢できないほどのかゆさが特徴である皮膚疾患・アトピー性皮膚炎。顔に炎症ができると眼球にもかゆみを覚えるため、かいたりこすったりしているうちに眼球が傷つき、 ...

and more »

掃除が苦手な人は要注意!ホコリだらけの部屋で過ごす健康への影響 – エキサイトニュース


エキサイトニュース

掃除が苦手な人は要注意!ホコリだらけの部屋で過ごす健康への影響
エキサイトニュース
テレビ台や窓ガラスなど、部屋のあらゆるところに溜まってしまうホコリ。掃除をしてもいつの間にかまた溜まってしまう厄介な存在ですよね。そもそも、このホコリの正体は何なのでしょうか?実は部屋で発生するホコリのほとんどは衣服や布団、カーペットの繊維から出る糸くずの ...

もう疲れ顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退メソッド [T-SITE] – T-SITEニュース


T-SITEニュース

もう疲れ顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退メソッド [T-SITE]
T-SITEニュース
疲れて見えたり、老けて見えたりする目の下のクマには、たるみが原因の「黒クマ」、血行不良が原因の「青クマ」、シミやくすみが原因の「茶クマ」があります。このようなクマ ...

and more »

リノール酸信仰に疑問符が?! – マイライフニュース Mylife News Network


リノール酸信仰に疑問符が?!
マイライフニュース Mylife News Network
... ▽「動物性脂肪は血液をドロドロにして、生活習慣病をひき起こす。むしろ、同じ油脂類でも植物性の油を摂ったほうがよい」--このようにいわれていて、植物油が血液をサラサラにする効果が高いと礼賛された時代があったそうです。植物油に含まれるリノール酸が、血液中の ...

dupilumab、P3試験で重度の喘息発作回数の減少と肺機能の改善を示す-仏サノフィら – QLifePro医療ニュース


dupilumab、P3試験で重度の喘息発作回数の減少と肺機能の改善を示す-仏サノフィら
QLifePro医療ニュース
症状の改善は、好酸球数やその他のアレルギー関連マーカー、またアトピー関連の症状と相関があり、好酸球数が150個/μL未満の患者では効果が減弱する結果となっている。有害事象、死亡、感染症、結膜炎、ヘルペスおよび投与中止例の発現率は、dupilumab群とプラセボ群 ...

失明のリスクもあり! アトピー性皮膚炎が招く眼合併症を眼科医が解説 … – マイナビニュース


マイナビニュース

失明のリスクもあり! アトピー性皮膚炎が招く眼合併症を眼科医が解説 ...
マイナビニュース
皮膚にアレルギー性の炎症を起こすアトピー性皮膚炎は、強いかゆみを伴う慢性的な疾患であることが知られている。小児がなるイメージが強いかもしれないが、成人以降も ...

and more »

カポジ水痘様発疹症アトピーとの関係は – 山梨日日新聞


山梨日日新聞

カポジ水痘様発疹症アトピーとの関係は
山梨日日新聞
最近、顔中に発疹が突然でき、アトピー性皮膚炎が悪化したと思ったら「カポジ水痘様発疹症」と診断されました。アトピー性皮膚炎との関係や再発予防策があれば教えてください。 ... このページは有料会員限定です。紙面併読コースまたは電子版単独コースに登録することで続き ...

赤ちゃんのアトピーが現れる時期と対処法 – T-SITEニュース


T-SITEニュース

赤ちゃんのアトピーが現れる時期と対処法
T-SITEニュース
赤ちゃんが発症するアトピーは、乳児アトピー性皮膚炎と呼ばれています。海外を含めた皮膚科の統計によると、生後6か月の頃までに発症したアトピー性皮膚炎は、2歳を迎えるあたりでいったんは症状が治まるといわれています。しかし、自然治癒するものと病院に行かずに放っ ...

もう疲れ顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退メソッド – T-SITEニュース


T-SITEニュース

もう疲れ顔なんて言わせない!目の下のクマ撃退メソッド
T-SITEニュース
また、アトピー性皮膚炎、乾燥によるかゆみ、落としきれないマスカラなどが原因になっていることもあるようです。 ○簡単ストレッチ&目元マッサージ 上記のようなクマに対し、血行をよくして皮膚にハリをもたせるストレッチや、マッサージなどが効果的だと考えられます。また、血流 ...

and more »

Upadacitinibが後期第Ⅱ相試験において主要評価項目を達成 – エキサイトニュース


Upadacitinibが後期第Ⅱ相試験において主要評価項目を達成
エキサイトニュース
対象の患者さんは、外用療法では十分にコントロールできなかった、または医学的に外用療法が推奨されない、中等度から重度のアトピー性皮膚炎の成人患者さんです。本試験において、upadacitinibのすべての用量群(30/15/7.5 mg 1日1回)において主要評価項目(16週時点 ...

and more »

バリシチニブ、アトピー性皮膚炎のP2試験で好結果 年内にP3試験を開始 – 日刊薬業


バリシチニブ、アトピー性皮膚炎のP2試験で好結果 年内にP3試験を開始
日刊薬業
米イーライリリーと米インサイト社は20日までに、JAK阻害剤バリシチニブのアトピー性皮膚炎に関する臨床第2相(P2)試験でプラセボ群と比べ有意な改善が見られたと発表した。試験結果を踏まえ、年内にP3... この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけ ...