建売住宅に欠陥 売り主の責任、どこまで追及できる? – 日本経済新聞


日本経済新聞

建売住宅に欠陥 売り主の責任、どこまで追及できる?
日本経済新聞
雨漏り以外にも、排水に問題があってトイレからの逆流があったり、床のきしみやフローリングのゆがみが生じたり、シックハウスと疑われる症状が出たりと色々な可能性がありますが、売り主に責任を問う方法としては、基本的にこの瑕疵担保責任に基づいて請求することになり ...

ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発 – @IT MONOist


ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発
@IT MONOist
物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所(AIST)は2017年10月23日、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを繰り返し検知し、継続的にモニタリングできる小型センサーを開発したと発表した。NIMS 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 主任研究員の ...

千葉大内に健康な室内環境目指す実験住宅 – (株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (ブログ)


千葉大内に健康な室内環境目指す実験住宅
(株)不動産流通研究所 (プレスリリース) (ブログ)
同社は、2017年4月より千葉大学と共同で、同大学予防医学センター内に「積水ハウス 健やか住環境創造のためのシックハウス症候群対策研究部門」(5年間)を設立。積水ハウスの空気環境配慮仕様「エアキス」に関し、医学的観点での取り組みをさらに深めるための研究を ...

千葉大と積水ハウス、快適な室内空間を研究 :日本経済新聞 – 日本経済新聞


千葉大と積水ハウス、快適な室内空間を研究 :日本経済新聞
日本経済新聞
千葉大学と積水ハウスは快適な室内環境の共同研究に乗り出す。柏の葉キャンパス(柏市)内に実証実験用の住宅を2棟建設。空気中の化学物質濃度などが異なる室内 ...

and more »

東京電機大 色変わる塗料で酸性ガス検出 – 日本経済新聞


日本経済新聞

東京電機大 色変わる塗料で酸性ガス検出
日本経済新聞
東京電機大学の足立直也准教授らは酸性ガスを検出できる塗料を開発した。塗料に塩酸や酢酸などの酸性ガスが触れると、緑色から黄色に変化する。壁に塗っておけば、工場などで異常なガスの発生を見つけられるという。今後、合成法や感度などを改良して、5年後の実用化 ...

座高が低めで児童・生徒にも使いやすい丸型イスを発売。 – PR Times – PR TIMES (プレスリリース)


PR TIMES (プレスリリース)

座高が低めで児童・生徒にも使いやすい丸型イスを発売。 - PR Times
PR TIMES (プレスリリース)
サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、座高が低めで児童・生徒にも使いやすい、CAI教室・病院向けの丸型 ...

and more »

ホルムアルデヒド 繰り返し検知可能 – 日本経済新聞


ホルムアルデヒド 繰り返し検知可能
日本経済新聞
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所 シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発した。スマートフォン(スマホ)などに組み込み、2年後をめどに実用化を目指す。 ホルムアルデヒドと反応すると酸性ガスを発生する物質 ...

物材機構など ホルムアルデヒド、繰り返し検知可能 :日本経済新聞 – 日本経済新聞


物材機構など ホルムアルデヒド、繰り返し検知可能 :日本経済新聞
日本経済新聞
物質・材料研究機構と産業技術総合研究所はシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発した。スマートフォン( ...

and more »

【左官体験】筋が良いよ! 東総工高生40人が平面塗りまでじっくり取り組む – 日刊建設通信新聞


日刊建設通信新聞

【左官体験】筋が良いよ! 東総工高生40人が平面塗りまでじっくり取り組む
日刊建設通信新聞
最近はシックハウスの被害防止にしっくいが見直されている状況を披露した。 午前中、生徒らは教室で左官の仕事紹介DVDを見た後、屋外に移動。講師から工具の取り扱いや塗り材料、壁の塗り方の説明などを受けた後、ちり塗りを体験した。 午後の実習の冒頭、青木会長は ...

ホルムアルデヒドの発生を継続的に検知できる小型センサーを開発-NIMS – QLifePro医療ニュース


QLifePro医療ニュース

ホルムアルデヒドの発生を継続的に検知できる小型センサーを開発-NIMS
QLifePro医療ニュース
物質・材料研究機構(NIMS)は10月23日、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを継続的にモニタリングできる小型センサーを開発したと発表した。この研究は、NIMS国際ナノアーキテクトニクス研究拠点フロンティア分子グループの石原伸輔主任研究員らが、産業 ...

微量ホルムアルデヒド常時計測センサー、物材機構と産総研が開発 – 日刊工業新聞


日刊工業新聞

微量ホルムアルデヒド常時計測センサー、物材機構と産総研が開発
日刊工業新聞
建材中のホルムアルデヒドが原因の「シックハウス症候群」などの監視センサーとして提案する。 センサーは単層CNTの電気回路と、ヒドロキシルアミン塩酸塩を付着させたフィルターで構成される。 ヒドロキシルアミン塩酸塩にホルムアルデヒドが触れて反応すると、塩酸ガスが ...

産総研:ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発 – 産業技術総合研究所


産総研:ホルムアルデヒドの発生を繰り返し検知できる小型センサーを開発
産業技術総合研究所
NIMSはAISTと共同で、シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを継続的にモニタリングできる小型センサーを開発しました。従来は、測定ごとに検知タグの交換が ...

and more »